血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 生きたまま酵素に期待できる効果・研究エビデンスまとめ » がんの予防法・酵素の効果と研究結果 » 膵臓がんの原因と予防法

膵臓がんの原因と予防法

膵臓がんの原因

膵臓がんを発症させる原因は、未だにハッキリわかっていないのが現状です。ただ膵臓がんの発症に関わる危険因子については徐々に明らかにされています。

  • 喫煙
  • 過剰な飲酒
  • 肥満・糖尿病・慢性すい炎などの病気
  • 家族(血縁)にすい臓がんになった人がいるケース

上記の4つが主な危険因子とされており、その中でも喫煙は膵臓がんと関連していると報告している研究が多くあります。ある調査によると喫煙歴のある日本人と、非喫煙者の日本人では、1.68倍程度膵臓がんにかかるリスクが高いと報告も。ただし喫煙以外の他の因子については、研究によって結果が異なるため危険因子か否かはハッキリとした結論が出ていない状況です。しかし肥満の危険因子に関しては、日本人を対象にした調査においてBMIが30以上の方と、全く肥満状態ではない人とを比較すると男性であれば3.5倍以上膵臓がんのリスクが高いと言われています。また糖尿病因子についても約2倍以上リスクが高まるとの報告もあるため危険因子については信頼性が高いともいえるでしょう。

膵臓がんの検査内容

血液検査

膵臓がんになると、アミラーゼやエラスターゼ1など膵臓から分泌される消化酵素が血液中に含まれるようになります。血液検査にて、これらの消化酵素の数値を測定することによって、膵臓の機能が異常な状況に陥っていないかどうかをチェックします。

さらにCA19-9、Span-1、Dupan-2、CEAなどの腫瘍マーカーを膵臓がんの場合調べます。ただし、この検査は膵臓がんが進行した場合に異常値を示すため早期診断は行えません。

腹部超音波検査

膵臓がんの診断の中で、最もメインの検査で、すい臓がんのスクリーニングから精密検査まで幅広く活用されています。

この検査を行うことによって、膵臓の腫瘤の有無、膵管の拡張状態などをチェックすることが可能です。患者の身体に負担がかかりにくいため、繰り返し行ええる検査でもあります。しかし皮下脂肪や腸管ガスの多い人であれば、観察できる箇所が限定されることもあるでしょう。

他にもCT検査、MRI検査、磁気共鳴胆管膵管造影検査(MRCP)、超音波内視鏡検査(EUS)、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)、陽電子放出断層撮影法(PET)、細胞診・組織診などの検査があります。症状などに応じて様々な検査を併用し、確定診断やがんの状態観察などを実施するでしょう。

膵臓がんの治療方法

外科的治療

膵臓がんの治療法の中で、唯一完治が期待できる方法です。しかし膵臓がんを早期発見する確率は非常に低いため、外科的治療が適応となるのは約15~20%と言われています。 膵頭十二指腸切除術・全胃温存膵頭十二指腸切除術・尾側膵切除術・膵全摘術など膵臓のどの位置にがんが出来たかによって手術法が異なります。

抗がん剤治療

膵臓がんが転移している場合には抗がん剤治療が行われます。また手術できたとしても再発してしまった場合なども抗がん剤治療が選択されるでしょう。抗がん剤治療の効果は全身に及ぶため、がんの遠隔転移の場合にも抗がん剤は適応となります。

ただ現在の抗がん剤治療では、膵臓がんの根治を期待することはできないと言われています。しかし年々治療の技術力は向上しているため、腫瘍を小さくさせる、がんの増殖するスピードを抑えるなど、生存率やQOLのアップに繋がっているでしょう。

放射線治療

従来の放射線放射と比較すると、強いエネルギーを照射可能な粒子線治療・陽子線治療などが開発されたことによって治療効果も拡大に向上していると言われています。

がん細胞に対して放射線を当てるときには、がん周辺にある正常な細胞にもダメージを与えてしまう恐れがあるでしょう。そのため、しっかりとがん細胞に集中的に強いエネルギーを照射できるかどうかが治療効果を左右します。

「3D-CRT(三次元原体照射)」「IMRT(強度変調放射線療法)」が現在のメインの放射線治療です。

膵臓がんの予防方法

膵臓がんの原因は、ハッキリわかっていないため予防法が確立されている訳ではありません。しかし危険因子についての報告はあるため危険因子を取り除いた生活を心掛けることが大切です。しかし膵臓がんは初期の段階での発見が難しいと言われているがんのため、定期的に検診を受け早期発見に努めることも大切でしょう。

  • 禁煙する
  • 野菜中心のバランスを考えた食事を摂取する
  • 過度なアルコールを控える
  • コーヒーなどカフェインを飲みすぎないようにする
  • 腹八分目を心掛ける
  • 早食いをやめ、ゆっくり食事を摂るように意識する
  • 睡眠を適度にとり、規則正しい生活を過ごす
  • 膵炎や糖尿病に注意する
  • 適度な運動を心掛ける
  • ストレスを溜めないようにする

上記のような生活を意識するように心がけてくださいね。

膵臓がんの症状

膵臓がんの初期の段階では、特別な症状がほとんどありません。そのために初期の段階で発見することが困難ながんとされています。しかし、がんが大きくなるにつれて膵臓以外の場所に広がることで色々な症状を呈するようになるでしょう。

日本膵臓学会の統計では膵臓がんの患者は腹痛・黄疸・腰背部痛・体重減少・糖尿病の悪化などが初発症状の主なものと言われています。その中でも腹痛は頻度が高く見られ、がんによって膵管が狭窄され膵液がうっ滞することで、内圧が上昇し引き起こされます。がんが更に広がることで、背骨の周囲を走る神経を刺激し、腰背部に痛みを及ぼしてしまうでしょう。

初発症状のなかで注意が必要なのが、糖尿病の発症や悪化です。膵臓がんの影響によって、膵臓の機能が衰えてしまうとインスリンの生成が困難になり、糖尿病を発症させるリスクが高まります。さらに糖尿病の患者の場合では急激に悪化することもあり、それらの症状によって膵臓がんを発見するケースもあるようです。