血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 生きたまま酵素に期待できる効果・研究エビデンスまとめ » がんの予防法・酵素の効果と研究結果 » 食道がんの原因と予防法

食道がんの原因と予防法

食道がんの原因

食道がんとは、その名の通り食道にできるがんのことを指します。

食道は、喉から胃に至るまでを繋ぐ管のような部位で長さは約25㎝、太さは2~3㎝、厚さは約4㎜で、内側は粘膜で覆われており食べ物が通過しやすい状態です。食べ物を摂取したとき重力で胃に向かって下に落ちていきますが、重力だけでなく食道の壁である筋肉が活発に動くことによって、よりスムーズに胃まで届けてくれる仕組みがあります。また食道は、胃に入った食べ物の逆流を防ぐ構造になっており、食道自体には消化するための機能はありません。

食道がんは、食道のどの位置でもできる可能性があります。日本人の場合、食道がんの約50%程度が食道の中央付近で起こり、次に多いのが下部付近です。食道がんは同時に食道の複数の位置にできることもあります。

食道の壁の粘膜の内側だけに起こるがんのことを「早期食道がん」、粘膜の下層部分までしか及んでいない場合を「表在食道がん」、それよりも深層部分まで及んでいる場合「進行食道がん」と分類されます。

食道がんの検査内容

食道がんの場合、指針とされている検診はありません。少しでも気になる症状があるとき、専門の病院やクリニックで早期に診察・検査を実施しましょう。

  • X線検査
    いわゆる食道造影検査とも言われ、バリウムを服用し食道の通る状況を撮影する検査です。食道がんの位置だけでなく大きさ、食道の幅などをチェックすることができます。
  • 内視鏡検査
    小さなカメラが付いた内視鏡を食道まで通し、消化管の粘膜や病状などを詳しく調べる検査のことです。食道がんの部位や大きさ、数、浸潤状況、形状、色味など多くのことを把握することができ、進行している度合いなどもチェックできます。何か異変があるときには特別な薬品を用いて更に詳しい検査や、がんの疑いがある組織を採取し病理検査において確定診断を実施するのが一般的です。
  • CT検査・MRI検査
    CT検査はⅩ線にて体の横断面を撮影し、治療を開始する前に転移の状況や他の臓器へのがんの進行具合を調べます。X線検査によって発見した病変の長径も把握可能です。一方MRIは磁気を用いた検査法になります。
  • 超音波内視鏡検査
    超音波装置が付いた内視鏡で、がんの深さやリンパ節転移の有無などをチェックする検査です。
  • 超音波検査
    外側から超音波を当て、肝臓やリンパ節への転移の有無などをチェックします。
  • 腫瘍マーカー検査
    食道がんの腫瘍マーカーは、扁平上皮癌ではSCCとシフラであり、腺癌ではCEAをチェックします。進行したがんの状態をチェックするために実施されますが、がんがあったとしても異常値を示さないケースもあります。
  • PET
    放射性のブドウ糖液を注射し、その分布を撮影する検査で、全身のがん細胞を検出できます。他の検査で転移や再発の診断がハッキリと確定てきない場合に行われるのが一般的です。

食道がんの治療方法

内視鏡による治療

食道がん治療のガイドラインにおいて内視鏡の治療が適応とされるのはリンパ節に転移している可能性が低い、またごく初期の段階です。内視鏡治療は内視鏡による切除術と焼灼術に分類され症状によって選択されます。

手術

がんを治療するうえで最も基本的ともいえる治療法です。がんの原発巣を切除するだけでなく転移したがんも取り除くことができます。一般的に開腹や開胸手術を行いますが、どうしても傷跡が大きくなってしまうデメリットがあるでしょう。そのため最近では腹腔鏡や胸腔鏡などを用いて、傷跡を小さくした治療を行うこともあります。

抗がん剤

抗がん剤を用いてがん細胞の増殖を抑制し、がん細胞を破壊するための治療です。全身状態やがんの性質などを考慮し、複数の抗がん剤を併用することもあります。放射線療法と組み合わせて行う場合には、状況によって治療の順番が異なってきます。

放射線療法

がんを小さくさせる、成長を遅らせるために行う治療です。がんの転移が進んだ臓器の機能や形態を温存することができます。食道がんの場合、化学療法と併用して行うほうが効果的とされており、基本的に連日照射を実施。根治治療または緩和照射を目的に行われます。

上記の治療法は単独で行うこともありますが、さまざまな治療を組み合わせて行うこともあるでしょう。症状や進行度など一人一人の状態によって治療法を選択します。

食道がんの予防方法

食道がんは、基本的に食事や生活習慣を見直すことで予防することができると言われています。

  • 1.タバコとアルコール
    食道がんの場合、喫煙や飲酒が大きく影響するとされており、予防のためにはタバコやアルコールを控えることが大切です。とくに体質的にアルコールに弱い人や、若年者は強い影響が起こりやすいので注意しましょう。
  • 2.食事
    肉や脂肪分が多い食事の場合、食道がんのリスクが高くなると言われています。そのため野菜やフルーツなど栄養バランスを考慮した食事を摂取することが大切です。また塩分や熱すぎるものなどは控えるようにしましょう。
  • 3.運動と睡眠
    大腸がんはストレスや疲労にも左右されると言われています。ストレスの緩和のためには適度に体を動かす習慣をつけましょう。また睡眠もしっかりとることが大切です。また上手にストレスを解消できる方法を身に付けるようにしてください。

食道がんの症状

初期の食道がんの場合、自覚症状がないケースがほとんどです。がんが進行するにつれて様々な症状を感じるようになるでしょう。

  • 胸の違和感
    食べ物や飲み物を摂取したときに、胸の奥の方がチクチクするなど胸付近に違和感を覚える症状があります。ずっと継続する訳ではなく、一時的に症状が消失することもあるので注意しましょう。
  • つっかえ感
    食道がんが進行するにつれて、大きさも大きくなっていきます。そのため食道の内側が狭くなってしまい食べ物などがつっかえやすくなるでしょう。さらに進行すると飲み物や唾液すら通りにくくなってしまいます。
  • 体重減少
    がんが進行し、食べ物が上手く摂取できない場合、食事が摂れずに体重が減少してしまいます。ダイエットをしていないにも関わらず、3か月で5~6㎏以上の体重減少がある場合には要注意です。
  • 胸の痛みや背中の痛み
    大腸がんが進行することで肺や背骨、動脈が圧迫されてしまい、胸や背中に痛みを感じるようになるでしょう。一般的に末期の症状として、よく現れる症状です。
  • 咳や声のかすれ
    食道がんが気管や気管支まで及んでしまうと、刺激を受けて咳の症状が現れます。また声帯をコントロールしている神経まで及ぶと、声のかすれるような症状もあるでしょう。

還元酵素と食道がんの関係性

体内では活性酸素とよばれる酵素が常に生成されています。活性酸素はウイルスを攻撃し、体を保護するなどメリットをもつ一方、過剰生成されると健康な細胞を攻撃したり、老化を早めたり、がんの進行にも影響を与える悪玉酵素となります。

ですが人体には、活性酸素を分解する「還元酵素」が存在します。還元酵素が活性酸素を無毒化する役割を果たすことで、私たちは健康でいられるのです。

食道がんは、喫煙や飲酒などが原因で起こるといわれるがん。早期発見の場合の5年生存率は75%以上ですが、最も病状が進行した場合の5年生存率は約20%程度です。また食道は壁が薄いため、がんが発生してしまうと、周囲に拡大しやすい傾向があります。

とはいえ、体内にはTリンパ球やNK細胞、樹状細胞といった「がん免疫細胞」が存在し、互いに情報交換しながら「がん」という異物に対して攻撃をしかけます。そのため、仮に食道にがん細胞が発生しても、癌免疫細胞が増殖を抑えてくれるため、がんを発症することはほとんどありません。

ただし、冷えなどにより代謝が落ちるとがん免疫細胞同士の連携がうまくとれななくなり、攻撃力も低下して、がんの増殖の勢いに負けてしまうことがあります。

発がん物質解毒酵素と食べ物の関係性

野菜や果物にはカロテン、ビタミン、葉酸などさまざまな栄養素が含まれていることはご存知でしょう。実は、こうした成分は発がん物質解毒酵素を活性化したり、活性酸素を無毒化する働きを持つと考えられているのです。

現時点では、科学的根拠は立証されていません。しかし大根などの「非でんぷん野菜」は、口腔・咽頭・喉頭のがん発生リスクを、果物はこれらに加え肺がんのリスクを下げる可能性が大きいことが報告されています。

国際がん研究機関のワーキンググループでも、がんを含む病気の予防の観点から、野菜・果物を多くと摂ることは推奨される旨を報告していて、がん予防において野菜や果物を食べることは一定の役割を果たすといえそうです。