HOME » あの病気も快方へ?毒だし酵素の口コミまとめ » 狭心症患者の声~毒だし酵素の口コミ~

狭心症患者の声~毒だし酵素の口コミ~

心臓へつながる冠動脈が何らかの原因で狭くなってしまい、心臓への血流が阻害されることで起こる狭心症は、心筋梗塞へつながるおそれもある怖い病気。血管が狭くなる原因は、血液中のコレステロールといった余分な成分が血管内に付着してしまうことが大半で、ドロドロ血をサラサラ血に整えることで予防が可能。そこで血液サラサラ効果の高い酵素を飲んでいる、狭心症患者の口コミをまとめました。

狭心症を患う方からの毒だし酵素の口コミ

3か月後には健康になりました(40代・女性)

心臓病で父を、くも膜下出血で母を失っているため、片頭痛や肩こりの症状が自分に出たとき、すぐに心配に。病院に行ってみたところ、「狭心症」と診断。120だった血圧は180にまで上がっており、血管年齢は60歳との結果に…。そんなとき、通っている美容室のスタッフに病気の話をしたところ、毒だし酵素を強くすすめられました。実際、飲みはじめてから数日ほどで片頭痛・肩こりが解消されました。これまでもいくつかサプリメントは試してきてはいたのですが、こんなにも早く効果が出たのは正直これだけ。
3か月後には血圧が130にまで下がり、体調も良くなりました。現在も飲み続けているのですが、うっかり飲み忘れると身体は不調になります。それぐらい健康効果を発揮する優れたサプリメントなんだと思います。

月に1度の発作が起こらなくなりました(50代・女性)

畑仕事をしているときに狭心症の発作を起こし、近所の方に救急車を呼んでいただきました。それから3年後にも同様に発作を起こしたのですが、その際の診断では心筋梗塞も併発していることがわかりました。肺や心臓の血管が詰まっているらしく、苦しくなったときにはニトルグリセリンという薬を飲まないと生きていけないほどにまで…。私はもともと病院が大嫌いで、なんとか他でどうにかできないかと悩んでいたところ、毒だし酵素と呼ばれる健康食品が紹介されている雑誌の記事を読みました。「これだ」と思い、飲み始めてみたところ、持病の喘息が改善されました。
続けていった結果、月に1度はあった狭心症の発作も起こらなくなったんです。薬の副作用と思われる「抜け毛」や「物忘れ」も解消されたので、本当にこのサプリを飲んでよかったと思っています。

※あくまでも個人の感想です。感じ方や効果には個人差があります※

毒だし酵素の狭心症への効果

酵素活性比較 鈴鹿医療科学大学分析

毒だし酵素の狭心症へもたらす効果については、科学的証明(エビデンス)は今のところ報告されていません。

しかしながら、狭心症は血液をサラサラにすることで予防が可能な病気。その点で、毒だし酵素の酵素活性値は非常に参考になる情報だと考えられます。

鈴鹿医療科学大学での分析結果では、毒だし酵素の活性値が、他の一般的な酵素サプリに比べて、数十倍もの数値を記録しました。

炭水化物を消化・分解する酵素「アミラーゼ」では約11倍、タンパク質を消化・分解する酵素「プロテアーゼ」では約43倍、脂肪を消化・分解する酵素「リパーゼ」では約19倍もの差です。

このように酵素活性が高いため、日々摂取する食べものを分解・消化させ、血液のドロドロを未然に防ぐ効果を期待できるかもしれません。

狭心症と酵素の関係

酵素は、摂取された食べ物の栄養を消化して吸収、代謝する作用があります。

これらの作用は血液が体の中を流れて、さまざまな臓器や組織を回る過程で行われているもの。血液中に酵素がたくさん存在していればいるほど、消化吸収や代謝の作用が高まって、ドロドロ血の原因となる余分な成分を減らすことができるのです。

さらに酵素は、血液中の老廃物をバラバラにして流れやすくする効果もあるので、血液をサラサラに整えることができます。

狭心症の原因は、血液中のコレステロールといった余分な成分が心臓の入り口の血管を詰まらせてしまうことで起こるため。したがって、酵素を積極的に摂取していれば病気の予防や改善に期待ができるというわけですね。