血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 【管理栄養士執筆】酵素の効果 » そもそも、酵素の働きって?

そもそも、酵素の働きって?

酵素とは

酵素とは何か?を解説します。

食べたものが消化・吸収され、体を作ったり調子を整えたりする時、私たちの体の中ではさまざまな物質が休むことなく分解・合成されています。こうした化学反応をスムーズに進めるのが、酵素なのです。

出典:EM・X GOLD:Dr.が薦める自立健康のススメ

普段食事の中で様々な食材を口にするだけでも、栄養素を摂取しているイメージがありますが、その栄養素が身体の中でしっかり働けるように働いてくれるのが酵素です。 酵素が不足した場合には、栄養素を効率良く体内に取り入れることが難しくなってしまうため、健康的な身体を維持しようと考えた際にも、重要なものであることがわかります。 食生活や生活習慣が乱れている場合には、必要な酵素が不足しがちなので、注意しておかなければなりません。

「生命あるところに必ず酵素あり」といわれるように、酵素は人間が生命を維持していく上で、水や酸素と同じように必要不可欠な物質です。人間はバランスよく食べ物を摂ったからといって、それだけでは生きていくことはできません。取り込んだ栄養成分の消化・吸収・分解といった加工こそ不可欠で、その肝心な仕事をこなすのが酵素なのです

出典:株式会社日本自然発酵:酵素を知る

もしも酵素が不足していたら?ということを考えてみると、どれだけ重要なものであるかがわかるでしょう。日常生活の中でできるだけ身体に良いものを取り入れたいということで、献立や口にするものに注意を払っている方も多いのではないでしょうか。ですが、いくら身体に良いものを取り入れたとしても、それが身体の中できちんと働いてくれないようだと意味がありません。 食生活に注意しているのに思うような効果が得られないという方は、酵素について考えることが大切です。

旬の野菜や果物、新鮮なお肉やお魚、発酵食品など栄養素が豊富で酵素がたっぷり含まれている食品をバランスよく摂取することが理想です。私たちの体も自然の一部なのです。野菜や果物を食べる際はなるべくより自然に近い状態で摂り入れることを心掛けましょう。また、化学調味料、防腐剤、香料などの人工的な添加物は、なるべく控えるようにすることも体内酵素が活発に働く健康な体づくりには大切です

出典:株式会社イオス:酵素とは

自然の食材を取り入れるというよりも、私たち自身が自然の一部であるという考え方です。酵素を摂取しようと考えた際には、「できるだけ酵素が豊富な食材を取り入れたい」と考えてしまいがちです。 ですが酵素は、実に様々なものに含まれているため、なにか一つだけ摂取するというよりも、多くの食材をバランス良く取り入れていくことが大切だといえます。 添加物は身体にとって毒と言われることがありますが、毒出しの意味で酵素を取り入れている方も多いです。

酵素は表面に特定の物質とだけ結合する凹凸を持ち、そこで特定の反応相手(基質)を見分けます。基質となる相手を認識した酵素は、触媒作用により化学反応を起こして基質を変化させます。一つの酵素は常に一定の基質と反応し、一種類の化学反応だけを行うのです。

出典:公益財団法人日本食肉消費総合センター:体内で化学反応を行う「酵素」とは?

「酵素をたくさん含んでいる」として知られている食材はいろいろあります。例えば生の野菜や果物といったものは、豊富な酵素を含んでいることで知られているので、取り入れている方も多いはずです。 しかし重要なのは、様々な種類の酵素を取り入れていくことだといえます。こちらにあるように、1種類の酵素を取り入れたからといってそれで十分なわけではなく、様々な酵素を取り入れることによって、しっかり身体の中で働けるような状態に導いていくことができます。

生体内の化学反応は酵素がなくても起こり得ます。しかし、酵素がある場合とない場合では、反応の速度は何倍も、いや通常何百万倍も何千万倍も違います。酵素があれば数秒、数分で済む反応も酵素がないと何百年、何千年もかかるのです。

出典:健康長寿:老化介入・老化制御

確かに生体内の化学反応を起こすために、酵素が必須というわけではありません。しかし引用元にあるように、驚くほど反応速度が遅くなってしまうのです。 これによって効率よく身体にエネルギーを取り込むことができなくなってしまい、結果的に身体の不調につながってしまう可能性もあります。 酵素が不足している場合には、非常にエネルギー変換効率が悪くなってしまうので、化学反応を起こしていくためにも酵素の働きや役割について理解しておくことが大切です。

酵素のはたらき

酵素のはたらきを理解するためのポイントは次の通りです。

食べ過ぎ、飲み過ぎで体内での消化が忙しくなると、消化酵素が大量に使われます。その分、代謝酵素が減り、疲れやすくなったり、体がむくんだり、風邪をひきやすくなったりします。つまり、生き生きとした体を保つには酵素をムダ使いしない、不足させないことが大切なのです。

出典:医療生協さいたま生活協同組合:酵素を上手に取りいれて

普段から食べ過ぎたり飲み過ぎたりすることが多い方は、注意しておかなければなりません。疲れやすい方や風邪をひきやすいと実感している方は、酵素が不足している可能性も疑ってみましょう。 ただどのような食材に、どの種類の酵素が含まれているのかをすべて理解するのは、非常に難しいことです。だからこそ日々の食事の中で様々な食材を取り入れ、バランスの良い食事を取り入れていくことが大切だといえます。 普段の食事内容を見直してみるのもおすすめです。

酵素とは、全ての生き物の中にある、たんぱく質の一種。私たちの生活にも身近で、これからのバイオテクノロジーに欠かせない存在です。

出典:天野エンザイム株式会社:酵素とは

まだ「酵素」といわれてもピンとこない方も多いのではないでしょうか。ですが酵素は、私たちにとって非常に身近なものであり、健康や美容はもちろんのこと、生命の維持とも深くかかわっています。 酵素を使ったバイオテクノロジーの研究も盛んに行われていて、化学反応をスムーズにするためにも役立ってくれるものなので、今後は素材と掛け合わせることによって、多くの可能性を秘めている分野ともいえるのです。 これからさらに研究が盛んに行われていくと予想されています。

◎酵素は熱に弱い たんぱく質からなる生卵に火を通すと、ゆで卵や目玉焼きのように色が変わり、生卵のような流動性はなくなります。酵素もたんぱく質からできているため、熱が加わると変化して、酵素の働きも失われてしまいます。

出典:日本クリニック株式会社:【1】酵素って?? 【2】酵素の共通点 【3】酵素のパワーを補うもの ◇◆管理栄養士の独り言◇◆

酵素が含まれている食材や食品を、とにかくたくさん取り入れようと考えたとしても、それだけでは効率が良いとは言えません。というのも、酵素は熱に弱いという特徴を持っているからです。 毒出し目的で酵素を取り入れたいと考えている場合、できることなら生の状態で取り入れられる食材で、積極的に酵素を摂取できるように心がけていくことが大切だと言えます。 「生きたまま酵素」ではこういった理由により、熱を与えることなく作られているので安心です。

ビタミンやミネラルの栄養素は、酵素の働きを活発にする「補酵素」の役割も果たしています。また微生物の働きで酵素がたくさん作られる発酵食品も、体にも吸収されやすく、おすすめです。

出典: EM・X GOLD:Dr.が薦める自立健康のススメ

ただ酵素を取り入れるだけでももちろん効果はありますが、その酵素の働きをサポートしてくれるような成分・栄養素を取り入れていくことも非常に重要です。こういった栄養素を取り入れることにより、さらに効率よく身体の中で酵素が働いてくれます。 また「生きたまま酵素」の白カプセルには、ビタミンミックス、茶カプセルには海藻ミネラルが配合されているので、酵素の働きに加えてこれらの栄養素が健康をしっかりサポートしてくれるのです。

肉を消化するにはまず胃の中でペプシンという消化酵素が分泌され、肉のタンパク質が大まかに分解されます。小腸では膵臓から分泌されるトリプシン、キモトリプシン、エラスターゼ、カルボキシペプチターゼなど酵素の作用でタンパク質はアミノ酸やアミノ酸が2~3個つながったオリゴペプチドになり、小腸の上皮粘膜から吸収されます。この過程を酵素なしで行ってみると、まず肉を強い塩酸につけ、そのまま24時間、100度以上の熱をかけ続ける必要があります。

出典:公益財団法人日本食肉消費総合センター:体内で化学反応を行う「酵素」とは?

実際に肉を食べた際に、どのような形で消化されていくのか理解しておくと、酵素の働きと重要性がわかります。体内には非常に多くの酵素が存在しており、飲用先にあるようにたくさんの酵素の働きによって、食べたものが消化されて私たちのエネルギーになるのです。 消化は身体の中で当然のように起きている反応ではありますが、これは酵素があるからこそ成り立ちます。仮に酵素なしで消化しようと思った場合には、非常に長い時間がかかる反応なのです。

酵素のメリット

酵素というと、何となく美容に気を使っている人が注目しているものといったイメージを持っている方も多いはずです。しかしご紹介してきたように、酵素はすべての人にとってなくてはならないものであり、身体の中でもとても重要な役割を果たしています。

酵素が身体の中でしっかり働けるような状態に維持することには、多くのメリットがあるのです。

例えば、身体の調子が良くなるということが挙げられます。栄養バランスの整った食生活を心がけているのに何となく調子が悪いという場合は、酵素が不足しているために食事から摂取した栄養素を消化するための反応がうまく行われていない可能性があるのです。

また加齢に伴い、消化や代謝をするための機能が徐々に弱まっていくのですが、こういった機能をサポートするためにも酵素が大きな働きをしてくれます。こういったことを考えると、酵素は美容のためだけなく、健康な身体を目指す上でも欠かせないものであり、すべての方にとってメリットがあるものです。

それから、デトックスなど毒出し目的で酵素を取り入れている方もたくさんいます。酵素には体内に蓄積した老廃物などを体外に排出する働きもあるので、なんとなく身体がだるい、毒素が溜まっている気がするという時も取り入れてみるのがおすすめです。

酵素の種類

酵素の種類について参考になる情報をご紹介します。

酵素には、体内で作られる潜在酵素と食物に含まれる食物酵素があります。潜在酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」の2つに分けられ、年齢により1年間に作られる量が決まっています。20代を100%とすると40代は50%、60代は30%というように、年齢を重ねるごとにその量は減少。

出典:医療生協さいたま生活協同組合:酵素を上手に取りいれて

「消化酵素」は文字通り食べた物の消化を助け、消化器内で分泌される酵素で食欲を増進します。一方「代謝酵素」は、吸収された栄養を体の細胞に届けて新陳代謝をよくし、体の悪い部分に作用して自然治癒力や免疫力を高める役割をしてくれます

出典: 株式会社日本自然発酵:酵素を知る

酵素の中には、酵素だけで働くものもあれば、酵素以外の栄養成分の助けがなければ、働けない酵素もあります。

出典:日本クリニック株式会社:【1】酵素って?? 【2】酵素の共通点 【3】酵素のパワーを補うもの ◇◆管理栄養士の独り言◇◆

体内酵素は食べ物の消化・吸収・分解・排泄や新陳代謝の促進、ホルモンバランスの調整などの働きがあり、健康や美容に不可欠なものなのです。

出典:株式会社イオス:酵素とは

構造の似た物質が沢山ある生体内で起る多種類の反応に多種類の酵素が必要になるわけです。

出典:健康長寿:老化介入・老化制御

代表的な酵素は消化酵素と代謝酵素であり、この他にも食物酵素や多くの体内酵素が存在しています。それぞれが非常に重要な役割を持っていて、身体の中で栄養素を吸収したり、健康な身体を維持するために日々活躍しているのです。

酵素が不足してしまった場合には、体調が崩れたり、免疫力が弱まって風邪などひきやすくなってしまいます。一つひとつの酵素の種類を理解した上で取り入れていく必要はありませんが、酵素がなければ消化や吸収、代謝の促進などができなくなってしまうということはしっかり押さえておくことが大切です。

いずれの種類も熱に弱いのが特徴なので、「生きたまま酵素」のように製造過程で加熱処理されていない酵素商品を選ぶのがポイントだといえます。