血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 疲労回復に役立つ食べ物

疲労回復に役立つ食べ物

酵素は健康・美容、生命維持にも欠かせない存在です。たとえば「なぜか毎日疲れが取れない…」といった場合にも、酵素不足が関係している可能性も。そこで、疲労回復を促す酵素の重要性や酵素を含む食べ物などについて紹介します。

疲労回復に効く!酵素を含む食べ物・酵素に働きかける食べ物

酵素は食事で摂った栄養素を分解・吸収を促したり、細胞へ栄養を届ける働きをしたりと、健康な体づくりに欠かせません。酵素が不足してしまうと栄養がうまく取り込めなかったり、代謝に影響がでて疲れやすくなる・むくみやすくなる・風邪を引きやすくなるなど体に不調を引き起こしてしまいます。

酵素は大きく分けて消化酵素と代謝酵素の2つに分けられ、体内で生成されています。ですが代謝酵素は人間の体内でしかつくることができず、食物酵素で補ってあげる必要があります。体内の酵素が増えると代謝できる量もアップするため、栄養素をしっかり取り込むほか体内に不要なものを排出することができるのです。

健康な体を目指すために、酵素を含む食品や体内の酵素に働きかける食品を積極的に摂るようにしましょう。なお、酵素は毎日継続して摂り続けることが大切。食事で摂取し続けることが負担に感じることもあるでしょう。その場合は「生きたまま酵素」で手軽に酵素を摂取するのがおすすめです。

リンゴで疲労回復を促す

リンゴにはリンゴ酸やクエン酸が多く含まれています。また、「リンゴ酸酵素」は栄養素の分解・吸収やエネルギー産出をおこなう「クエン酸回路」の活性化に欠かせない存在となっており、リンゴを食べることで疲労回復効果が期待できます。リンゴには食物酵素が豊富に含まれていますので、疲労回復はもちろん健康維持のためにも積極的に摂取しましょう。

梅干しで疲労回復を促す

疲労回復に梅干しが効果的と聞いたことがある方も多いかもしれません。梅干しにはクエン酸が多く含まれており、食物酵素も豊富。梅干しを食べると唾液が多く分泌されますが、唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれ、お米などのでんぷんの消化に役立ちます。
また、クエン酸回路を活性化する「リンゴ酸酵素」や「アコニターゼ」にも関係しているため、毎日の食事に取り入れたい食品です。ただ、酵素は熱に弱いうえ、梅干しを毎日食べ続けるのは負担に感じてしまうことも。その場合は「生きたまま酵素」で無理なく酵素を摂取するのがおすすめです。

レモンで疲労回復を促す

ビタミンCやクエン酸が豊富なレモン。クエン酸がヒトの疲労回復につながるかは研究者によって意見が分かれるところですが、豊富に含まれたビタミンCは疲労時の風邪予防にも役立ちます。 また、クエン酸回路の活性化に欠かせない「アコニターゼ」という酵素も関係しており、代謝促進が期待できます。
レモンを美味しく摂取する方法としてはドリンクや砂糖・はちみつ漬けなどがありますが、疲労回復を狙うのなら「生きたまま酵素」で手軽に酵素を摂取するのもおすすめです。