血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 血圧を下げる食べ物 » 甘酒ミルクプリン【高血圧予防レシピ】

甘酒ミルクプリン【高血圧予防レシピ】

プロテアーゼを含む「甘酒」を使った血圧ケアレシピ

甘酒ミルクプリン

甘酒ミルクプリン

材料(4人分)

  • 甘酒           100ml
  • 牛乳           150ml
  • ゼラチン           5g
  • いちご            2個

作り方

  1. 甘酒と牛乳を鍋に入れ、温める。
  2. 火を止めたら、1にゼラチンを入れ、よくかき混ぜる。
  3. 器に2を注ぎ入れ、冷蔵庫で1時間程度冷やし固める。
  4. 仕上げに、いちごをのせて出来上がり。

血圧が上がるメカニズム

血圧は、血流によって血管にかかる圧力のことです。通常であれば、ほぼ一定の範囲に落ち着いていますが、時間帯や運動、緊張、体調不良などによって高くなることがあります。こうしたことが原因となって、一時的に血圧が上がるのは、自然なことです。しかし、塩分の摂り過ぎや偏食、過食などの食生活の乱れや、運動不足は、血圧が元に戻るのを妨げ、日常的に血圧が高い状態になってしまいます。

血圧がいつまで経っても元に戻らないままになってしまうと、血管にかかる負荷が大きくなり、傷つきやすくなります。そこに、コレステロールや中性脂肪などの脂質が蓄積することで、血管が細くなり、さらに血圧を上げたり、動脈硬化を引き起こしたりという悪循環を招くとされているのです。

タンパク質分解酵素「プロテアーゼ」とは?

プロテアーゼは、食事から摂取したたんぱく質の代謝に関わる消化酵素です。プロテアーゼをはじめとした酵素は、体内で一定量が作り出されていますが、加齢とともに生成量が減少するといわれています。体内のプロテアーゼが少なくなると、食事から摂取したたんぱく質がスムーズに代謝されなくなり、血液中に留まる時間が長くなります。その結果、血液中に未消化のたんぱく質が増加。血液の粘度が高くなることで、血流が悪化し、血圧が上がってしまうのです。

プロテアーゼは、食べ物を介して補給することができます。プロテアーゼを多く含む食べ物を摂ることで、体内のプロテアーゼ消費を抑えることが可能です。

プロテアーゼは、新鮮な野菜や果物、発酵食品などから摂取することができます。これらの食品を毎日の食事に積極的に取り入れることで、消化による体内酵素の無駄づかいを防ぎ、スムーズな消化や代謝につながるのです。

プロテアーゼと併せて摂ることで血圧低下に役立つ成分

カルシウム

血圧が高くなる原因のひとつは塩分の摂り過ぎです。塩分を多く摂り過ぎると、体外に排出されるカルシウムが増えてしまいます。カルシウム不足が続くと、骨からカルシウムが取り出されて補給されます。この状態が継続すると、血中カルシウム濃度が高くなってしまうのです。

カルシウムは血管壁に取り込まれると、血管を収縮させる作用があるため、血流が悪化し、血圧が上がってしまいます。そのため、カルシウムをしっかり摂ることは、骨を強くするだけでなく、血圧ケアにも大切といえるのです。

無理なく酵素を摂って血圧ケアに役立てよう

健康なからだづくりには、栄養バランスのよい食事や適度な運動習慣が大切です。しかし、どんなに食事や運動に気を付けても、消化や代謝を促す酵素が不足していたのでは、効率が落ちてしまいます。体内酵素は量が限られているため、食べ物を介して補給することが大切です。体外から酵素を取り入れることで、体内酵素の無駄づかいを防ぐことができます。

食物酵素は、新鮮な野菜や果物、発酵食品などに含まれているので、これらの食べ物をバランスよく食生活に取り入れることをおすすめします。しかし、毎日調理するのは難しい、もっと手軽に酵素を取り入れたいという方もいるかと思います。その場合は、酵素配合のサプリメントを利用するのもひとつの方法です。

様々な商品がありますが、酵素は熱に弱い性質をもっているので、「生きたまま酵素」のような、非加熱製法のサプリメントがおすすめです。自分に合った無理のない方法で、酵素を取り入れてみましょう。

執筆者:荻野愛(管理栄養士)

荻野愛の写真

資格名

  • 管理栄養士
  • フードコーディネーター

管理栄養士免許取得後、教育研究職を経て、現在はフリーランスの管理栄養士として活動中。

食育やダイエット、生活習慣病予防など、栄養・健康に関するコラムやレシピ提案などを中心に情報発信しています。