血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 身近な病気について考える【健康コラム】 » 肌荒れと酵素の関係性

肌荒れと酵素の関係性

肌荒れの原因とは?

「肌荒れ」といっても、原因や症状はさまざま。主な原因には、「ターンオーバーの乱れ」「ホルモンバランスの乱れ」「バリア機能の低下」などがあげられます。

  • ターンオーバーの乱れ
  • ターンオーバーとは、一定のサイクルで行われている肌代謝のことです。皮膚細胞は、肌の内部で生成され、徐々に上に押し上げられ、表面にでてきます。通常6週間ほどで垢や角質として剥がれ落ち、また新しい肌に生まれ変わります。しかし、食生活の乱れや不規則な生活習慣、冷え、運動不足、紫外線や乾燥などによって、ターンオーバーサイクルは乱れ、肌荒れにつながるのです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 女性の場合、生理前になると、皮脂量を増やす黄体ホルモンが多く分泌されるため、顔が脂っぽくなったり、皮脂が毛穴に詰まったりして、肌荒れを起こしやすくなります。

  • バリア機能の低下
  • 健康な肌は、本来であれば、紫外線や乾燥などの外部刺激から肌を守る「バリア機能」を備えています。しかし、過度な洗顔やピーリング、肌に合わないスキンケア、紫外線、花粉、長時間のマスク着用による乾燥などの刺激は、バリア機能低下の原因に。バリア機能が低下すると、肌の水分が蒸発し、外部刺激を受けやすくなるため、肌荒れを引き起こしやすくなります。

肌荒れケアは「栄養・運動・睡眠」がカギ

肌荒れを防ぎ、健康な肌を保つには、生活習慣を整えることが大切です。肌の栄養となるたんぱく質やビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂りましょう。また、適度な運動は、血行や発汗を促し、ターンオーバーの正常化やバリア機能の改善につながります。ウォーキングやジョギング、水泳、ヨガなどの有酸素運動がおすすめです。

栄養バランスのよい食事と適度な運動とあわせて、質の良い睡眠も欠かせません。肌のターンオーバーは、22時~2時頃に活発になるので、夜更かしをせず、しっかりと睡眠をとることが肌荒れを防ぐポイントです。

酵素の力で内側から肌荒れをケア

肌荒れを防ぐには、栄養バランスのよい食事が大切ですが、食べ物に含まれている食物酵素をしっかりと摂ることも、肌荒れを防ぐポイントです。

食物酵素を摂ることで、体内の酵素量が増加し、栄養成分の分解・消化や代謝が促されます。その結果、血流がよくなり、全身の細胞に、必要な栄養や酸素がスムーズに行き渡り、ターンオーバーの正常化や冷え性の緩和が期待できるのです。

食物酵素は、新鮮な野菜や果物、発酵食品などに多く含まれています。加熱すると、はたらきを失ってしまうので、生食または、低温・短時間の加熱がおすすめです。

また、毎日栄養バランスを考えて、調理することが難しい場合や、手軽に酵素を摂取したい場合には、酵素配合のサプリメントやドリンクを利用するのもひとつの方法。その際には、非加熱製法のものを選ぶと、効率よく酵素を摂ることができますよ。

無理のない方法で酵素を取り入れ、体の内側から肌荒れケアをしていきましょう。