血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 血圧を下げる食べ物 » カッテージチーズ入りかぼちゃのデザートサラダ【高血圧予防レシピ】

カッテージチーズ入りかぼちゃのデザートサラダ【高血圧予防レシピ】

リパーゼを含む「チーズ」を使った高血圧予防レシピ

カッテージチーズ入りかぼちゃのデザートサラダ

カッテージチーズ入りかぼちゃのデザートサラダ

【材料】(2人分)

  • かぼちゃ           200g
  • カッテージチーズ【A】    60g
  • レーズン【A】        大さじ1
  • くるみ【A】         大さじ1
  • りんごジャム【A】      大さじ1
  • はちみつ【A】        小さじ2
  • シナモン           適量

【作り方】

  1. 種とワタをとったかぼちゃを一口大に切り、レンジで5~6分加熱する。
  2. 1を熱いうちにつぶし、粗熱をとる。
  3. 2と【A】をざっくりと混ぜ合わせる。
  4. 器に盛りつけ、お好みでシナモンを振りかけて出来上がり。

血圧が上がるメカニズム

血圧が上がる原因としてよく知られているのが「塩分の摂り過ぎ」です。味の濃い食べ物は塩分(ナトリウム)が多い傾向があります。余分な塩分は通常であればカリウムによって排出され、体液バランスが調整されるのですが、食生活の乱れでカリウムを多く含む野菜や果物が不足していると、塩分の排出が進まず、体は水分を溜め込んでしまうことに…。その結果血液量が増加、血圧が上がってしまうのです。

また、食べ過ぎや運動不足による肥満も血圧を上げる原因の1つ。肥満によって増加・肥大化した脂肪細胞からは、通常よりも多くの血管収縮成分が分泌されるので、血圧が上がりやすいのです。

食生活の乱れや肥満以外にも、血圧を上げてしまう原因はいろいろあります。血圧が高めと指摘されたら、これまでの生活習慣を振り返ってみることをおすすめします。

血圧の上昇を抑える酵素「リパーゼ」とは?

リパーゼは、食べ物から摂取した脂肪の代謝に関わっている酵素です。体内でリパーゼがはたらくことで、脂肪がスムーズに分解・吸収され全身に送り届けられます。元々体内では一定量のリパーゼが生成されていますが、加齢や生活習慣の乱れによってその量は減少。脂肪の代謝が滞ると、血液中に未消化の脂肪が蓄積し、渋滞状態に陥ります。これがいわゆるドロドロ血液です。

血液がドロドロになって流れにくくなると、体は血流を改善させようとして圧力をあげます。その結果、血管に負担がかかり血圧が上がってしまうのです。

血圧を上げるドロドロ血液の解消には、不足しているリパーゼの補給が大切。リパーゼは新鮮な野菜や果物、発酵食品などに多く含まれているので、こうした食べ物を積極的に摂ることで血圧上昇を抑えることができます。

リパーゼと併せて摂ることで血圧低下に役立つ成分

カルシウム

カルシウムは骨の健康に欠かせないものであると同時に、心臓の筋肉や脳神経細胞のはたらきをコントロールするという、生命活動に関わる役割も担っています。

そのため、カルシウムが不足すると骨からカルシウムが動員され、血液中に取り込まれるのですが、その際に血管を収縮させて血圧を上昇させるという弊害が…。元々カルシウムは不足しがちであるうえに、塩分の摂り過ぎでも失われやすいため、骨の健康だけでなく、血圧対策としても積極的に摂りたい成分です。

無理なく続ける酵素習慣で血圧をケアする

毎日の血圧ケアには規則正しい食事や運動が大切です。特に食生活では、ただ食べるのではなく、新鮮な野菜や果物、発酵食品などを意識して取り入れ、酵素をチャージ。摂取した栄養をしっかり代謝できる体内環境を整えることがポイントです。

リパーゼをはじめとした酵素は、加熱に弱いので、無駄なく酵素をチャージするには、生食がおすすめですよ。どうしても加熱が必要な場合は、なるべく短時間にするとよいでしょう。

酵素は一度にたくさん摂ったからといって溜めておけるものではありませんので、毎日の食事から継続して摂るようにしましょう。しかし、「毎日調理するのが難しい」「もっと手軽に摂取したい」という場合には、健康食品やサプリメントを利用するのも1つの方法です。酵素は熱に弱いので、「生きたまま酵素」のような、非加熱製法で作られているものを選ぶと効率よくしっかりと酵素を補給できます。

執筆者:荻野愛(管理栄養士)

荻野愛の写真

資格名

  • 管理栄養士
  • フードコーディネーター

管理栄養士免許取得後、教育研究職を経て、現在はフリーランスの管理栄養士として活動中。

食育やダイエット、生活習慣病予防など、栄養・健康に関するコラムやレシピ提案などを中心に情報発信しています。