生きたまま酵素の科学的証明(エビデンス)とは

医療機関や第三者機関の研究結果をチェック

酵素サプリイメージ

生きたまま酵素は、本当に私たちの体に対して良い効果をもたらすのでしょうか?専門の研究機関や医療機関で行われた臨床実験や研究結果を見ていきましょう。このような科学的証明(エビデンス)の有無によって、効果の高さや安全性を見極めることが肝心です。

糖尿病の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

糖尿病とは、体内のインスリン分泌機能がうまく働かず、血糖値が一定基準よりも高い状態が持続する病気のこと。糖尿病の状態を長く放置すると、やがて体中で動脈硬化が進行し、腎不全や失明、足の切断など、さまざまな病気を合併することがあります。
一般財団法人日本東方医学会での報告によると、3ヶ月にわたり生きたまま酵素を摂取した糖尿病患者において、血糖値低下や体重減少などの有意な結果が得られたとのこと。糖尿病に対する酵素の働きが期待される報告です。

痛風の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

痛風とは、血中で結晶化した尿酸が原因となり、足の親指の付け根などの関節を中心に、著しい腫れと激痛を生じる病気のこと。「風が吹いただけでも痛い」とのことから、痛風という名前が付けられました。
さまざまな誘因が指摘されている痛風ですが、それら誘因の中でも特に注意したいのが高尿酸血症。血中の尿酸値が一定基準よりも高い状態です。
ある研究機関は、マウスを対象に生きたまま酵素を投与した結果、投与していないマウスに比べて血中尿酸値が30%以上も低下した、と報告しています。

脳梗塞の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

脳梗塞とは、脳内の血管が詰まったり狭くなったりして血流が低下し、脳細胞が壊死してしまう病気のこと。いったん壊死した脳細胞は復活しないため、患者の中には、予後に大きな後遺症を残す例も見られます。
脳梗塞の主要な原因の一つが、血栓(血の塊)。高血圧による強い圧力に押し流された血栓が、やがて脳の血管に到達して脳梗塞を発症させるというものです。
近年、プロテアーゼと呼ばれる酵素に降圧作用があることが学会で発表されました。脳梗塞の予防に寄与する可能性が示唆された形です。

心筋梗の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

心筋梗塞とは、心臓の表面を走っている冠動脈という血管がふさがり、血流が阻害されて心筋細胞が壊死してしまう病気のこと。突然死の可能性もある恐ろしい病気です。
心筋梗塞の主要な原因の一つは、冠動脈に生じた動脈硬化。いわゆるドロドロ血の状態が長く続いた結果、冠動脈に動脈硬化が生じて心筋梗塞を誘発するというものです。
鈴鹿医療科学大学の実験によると、生きたまま酵素にドロドロ血を改善させる作用があることが判明。心筋梗塞の予防に寄与する可能性が示唆されました。

癌の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

日本人の死因の第1位は、男女ともにがんです。発症した部位やステージによって死亡率は異なるものの、いずれのがんも、生命に関わる重大な病気であることは言うまでもないでしょう。
がんを予防するためには、健全な食生活をベースにした免疫力の強化が重要。免疫力は健全な血液によって強化されることから、血液をサラサラにする酵素などを積極的に摂取していきたいものです。

認知症の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

認知症とは、記憶・認識・判断などの脳機能の一部または全部が低下する病気のこと。原因別に、アルツハイマー型、レビー小体型、前頭側頭型、血管性など、いくつかの種類に分けられます。
認知症と酵素の関連については、いくつかの研究機関が興味深い報告を行っています。たとえば独立行政法人国立精神・神経医療研究センターは、脳の健全な働きにおいて「チロシン」と「フェニルアラニン」というアミノ酸が重要と報告していますが、これらは生きたまま酵素に豊富に含まれる代表的なアミノ酸です。

狭心症の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

狭心症とは、心臓の表面を走る冠動脈という血管が狭くなり、十分な血液が心臓に供給されない状態のこと。発症の理屈は心筋梗塞と同じなので、いわば「軽症の心筋梗塞」と考えても良いでしょう。
狭心症の患者の大半には、冠動脈における動脈硬化が見られます。いわゆるドロドロ血の状態が長く続いた結果の症状です。生きたまま酵素には、ドロドロ血をサラサラに導く作用があるため、動脈硬化の予防、ひいては狭心症の予防が期待できるかも知れません。

大動脈瘤の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

大動脈瘤とは、心臓の左心室に直結している太い血管のこと。この大動脈内に瘤(コブ)のような膨らみが生じている状態を、大動脈瘤と言います。大動脈瘤が破裂すると血液が全身に送られなくなるため、発症から早い段階で生命のリスクに晒されます。
大動脈瘤の主要な原因の一つが、生活習慣病の一つである脂質異常症です。脂質異常症とは、俗に言い換えればドロドロ血のこと。血液をサラサラに導く酵素の摂取を習慣化すれば、大動脈瘤のリスクを低下させることができるかも知れません。

前立腺がんの症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

前立腺がんとは、恥骨の裏側にある前立腺という組織に生じたがんのこと。進行が遅いことで知られるがんですが、リンパ節や骨に転移することがあるなど、決して侮れないがんの一種でもあります。
前立腺がんの主要な原因の一つとして指摘されているのが、食習慣の欧米化。コレステロールや脂肪の多い食習慣が血液を不健全にし、ひいては前立腺がんを招く要因の一つとなることが指摘されています。
血液の健全化作用を持つとされる酵素を摂ることで、前立腺がんの予防につながる可能性があるでしょう。

胃がんの症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

胃がんとは、胃に発症するがんのこと。日本人における部位別がん死亡数の中で、常に2位や3位などの上位にランキングされている恐ろしいがんです。
胃がんの原因の中には、塩分や喫煙、アルコールなどの生活習慣に起因するものも少なくありません。生活習慣を見直しつつ、日ごろから体に良いとされるものを積極的に摂取して胃がんの予防に務めましょう。
暴飲暴食を避けてビタミン・ミネラルのバランスが良い食事を心掛けるとともに、免疫力を高めるとされる酵素を習慣的に摂取しても良いでしょう。

高血圧の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

高血圧とは、血液を全身に送り出す心臓のポンプの力が、一定基準を超えた強い状態のこと。高血圧自体に自覚症状はないものの、高血圧が誘因となって、心筋梗塞や脳梗塞など、命の危険がある病気を引き起こすことがあるので注意が必要です。
ある学会では、プロテアーゼと呼ばれる酵素に血管拡張作用があることが報告されました。血管が拡張することで血圧が低下するという原理は、さまざまな降圧剤で利用されています。酵素の習慣的な摂取が、高血圧の予防につながる可能性が示唆されます。

腎臓病の症状と生きたまま酵素へ期待できるはたらき

腎臓病とは、腎臓の機能が低下する一連の病気の総称。状態が悪化すると、人工透析や腎移植を受けなければ生命を維持できなくなることもあります。
腎臓病の原因にはさまざまなものがありますが、その主要な原因の一つが高尿酸血症。プリン体の多い食事や過度のアルコール摂取が原因で、血中尿酸値の濃度が上がる症状です。
鈴鹿医療科学大学の研究チームによると、生きたまま酵素を投与したマウスにおいて、投与していないマウスより30%以上も血中尿酸値が低下したとのこと。酵素の摂取が腎臓病の予防につながる可能性が見出されました。

生きたまま酵素について詳しく知りたい方はこちらから!

生きたまま酵素とは

酵素の力を100%引き出せている?「本物」を見極める4つのポイント

酵素を配合しているサプリは数あれど、“生きたまま酵素”と呼ばれるものと一般的な酵素とでは、本質的な違いがあります。本当に効果がある酵素サプリを選びたいなら、以下のようなポイントをチェックすべきです。

① 50℃以上の熱を加えていないか

酵素は50℃以上の熱を加えると効力を失ってしまいます。
加熱せずに発酵や加工が行われているかどうか
が第一のポイントとなります。

② 医師・専門家・大学との共同開発の有無

医療機関や専門の研究機関などで、サプリメント成分の有効性を実証する実験、研究などが行われているものであることが条件です。

③ 第三者機関による科学的証明(エビデンス)の有無

本物の生きたまま酵素にはエビデンス=科学的証明がつきもの。
大学といった第三者機関による客観的なデータの有無
を必ず確認しましょう。

④ 形状(錠剤・カプセル・ペースト・ドリンク)

カプセルタイプのものであればベスト。これらは製造工程で加熱・加圧などの処理を加えていないため、高い効果を見込めます。残念ながら、それ以外はすべて加熱処理をしているのです。

生きたまま酵素の飲みやすさは?

熱処理していない健康食品である生きたまま酵素の飲みやすさに注目しました。カプセル・ペースト・ドリンク別に調査した飲みやすさに関する口コミをまとめています。

カプセルタイプの飲みやすさにかんする口コミ

  • カプセルに入っているので匂いはほとんど気になりません!鼻を近づけるとやや酸っぱい匂いがするくらい。丸くて小粒だからとても飲みやすいです。
  • カプセルタイプなので普段は水で流し込んでいますが、時折おやつのように噛んで食べています。食感はグミのようで、弾力と歯応えがあるんです。美味しいし、おかげで多少なりとも食べた満足感を得られています。

ペーストタイプの飲みやすさにかんする口コミ

  • ペーストタイプを愛用していますが、食べた瞬間に広がる果実や野菜の味がとても美味しいです。また持ち運びしやすいので、旅行時も重宝しています。
  • 私はカプセルや粉末タイプよりもペーストタイプが好き!ペーストの商品は、おやつ感覚で味わって食べられる味になっている商品が多い気がします。そのまま食べても美味しいけど、ヨーグルトやグラノーラにかけて食べるのもお勧めです。
  • 私は固形物を飲み込むのが苦手なので、カプセルタイプは続けられませんでした。ペーストタイプに切り替えたところ、なんとか飲み続けられています。味は美味しくもマズくもなく、それなりにイケる程度です。

ドリンクタイプの飲みやすさにかんする口コミ

  • すでに3本目です。はじめの頃は、毎朝水で割ったドリンクだけを飲んでいたのですが、お腹が空いてかなりキツかったので断念。そこでヨーグルトに混ぜて食べてみたら、おやつ感覚で毎日続けられています。
  • 味がついているので美味しく飲めます。甘さもあるので、豆乳に混ぜて飲むとかなり私好みの味になりました。逆にぐいぐい飲みすぎてしまい、人工甘味料を摂り過ぎていないか気になってきたところ。味の良さと糖分を控えること、どちらを優先するべきか悩んでいます。

生きたまま酵素の飲みやすさにかんする総評

生きたまま酵素は、カプセル状、ペースト状、ドリンク状のそれぞれに飲みやすい特徴があります。独特なにおいや味が気になる人、甘味料等を避けたい人は、カプセルタイプを選ぶと良いでしょう。

固形物を飲み込むのが苦手な人はペーストタイプやドリンクタイプがおすすめです。味は商品によって異なるので、自分の好みに合うものを見つけてみてください。