HOME » 本当に効果のある酵素・毒だし酵素とは » ふつうの酵素とどう違う?

ふつうの酵素とどう違う?

“毒だし”と呼ばれる酵素サプリと普通の酵素サプリの違いを徹底解説!

酵素サプリイメージ

“毒だし酵素”と呼ばれるサプリと普通のサプリの大きな違いは、ずばり、熱処理の有無にあります。効果の高い酵素を摂りたい方は要チェック。また第三者機関からの確かな科学的証明(エビデンス)素材・原料へのこだわりなど、普通のサプリに比べ優位な点が多々あります。

違いその1:熱処理の有無

酵素は50℃以上の熱が加わると、その効力のほとんどを失う

毒だし酵素と呼ばれるサプリは、加熱・加圧をせずに、独自の発酵技術を駆使して製造されているため酵素の効力を最大限発揮できます。

一方で普通の酵素サプリの多くは、製造過程で熱や圧力を加えているのが現状。

たとえば酵素ドリンクといった液体の場合、食品衛生法で「60℃以上で10分間または80℃以上で30分間の加熱処理」が義務付けられています。この決まりを守らなければ製造・販売はできないのです。

またペーストやソフトカプセルの場合、発酵後に熱を加えて煮詰める必要がありますし、錠剤の場合も製造過程で熱を加えなければ固めることができません。

このように普通の酵素サプリは50℃以上の熱を加えて製造しているものが多く、したがって酵素の活性力をほとんど失っているケースが多々あるわけです。

その点で、毒だし酵素と呼ばれるサプリは非加熱処理で作られているため、普通の酵素サプリに比べて圧倒的な活性力を持っているのです。

<注目>熱処理を加えない“毒だし酵素”のチカラ

活性力40倍以上!生の酵素のパワーを発揮

酵素活性比較 鈴鹿医療科学大学分析

鈴鹿医療科学大学で行われた実験では、非加熱処理で製造された“毒だし酵素”と、普通の酵素サプリの活性値には数十倍以上もの差があることがわかりました。

タンパク質を分解する酵素・プロテアーゼの活性力に限っては、他の酵素サプリに比べて40倍以上もの活性力が結果として出ています。タンパク質は私たちの体を構成し、生命活動を支える非常に重要な物質。

プロテアーゼの活性力が高ければ高いほど、タンパク質を分解・消化する活動が活発になり、健康に暮らしていくことができるのです。

アミノ酸含有量157倍!不足しがちな必須アミノ酸を効率よく補給

アミノ酸含有量比較表

タンパク質は20種類のアミノ酸からできています。このうち必須アミノ酸と呼ばれる物質は9種類。これらは体内では十分に合成できないため、食べものや飲み物などから補給していく必要があります。

毒だし酵素は他の酵素サプリと比べて、最大157倍ものアミノ酸を含有しているため、不足しがちな方々の健康をサポートしてくれます。

とりわけ神経伝達物質であるアミノ酸「チロシン」「フェニルアラニン」は、最近の研究でうつ病や認知症への効果に期待できると言われています。

違いその2:確かな科学的証明(エビデンス)の有無

酵素のパワーに科学的証明(エビデンス)があるかをチェック

毒だし酵素には数々の科学的証明(エビデンス)があります。先ほど紹介した「酵素活性比較」や「アミノ酸含有量」の証明以外にも、以下の科学的証明(エビデンス)があげられます。

  • 抗糖尿病の臨床結果/東方医学第29巻
  • 尿酸低下作用(痛風の抑制効果)の実験結果/東方医学第28巻
  • 抗腫瘍(癌)効果の実験結果/京都府立医科大学/日本保院補完代替医療学会誌第3巻第1号

各実験の内容・結果を知りたい方は「毒だし酵素に期待できる効果と確かな科学証明(エビデンス)」ページをご覧ください。

酵素サプリをご検討中の方は、ぜひ科学的証明(エビデンス)のある商品を選んでみてください。

違いその3:素材・原料へのこだわり

ご注意!安い酵素サプリ・ドリンクには罠がある?

ドラッグストアで販売されている激安の酵素サプリには、甘味料や保存料などの食品添加物が入っていることがほとんど。これらは酵素の働きを抑制してしまうため、飲む意味がなくなってしまいます。

毎日飲むサプリメントなのでどうしても値段で選んでしまう…という方がいらっしゃるとは思いますが、いつまでも効果が実感できないようであれば、むしろ高くついてしまう恐れすらあります。

毒だし酵素であれば、素材・原料は国産の天然植物を由来としている、体にやさしい成分のみでできあがっています。健康・長生きのために飲むのであれば、本当に“毒だし”と呼べる酵素サプリを選ぶことが重要でしょう。