血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 生きたまま酵素に期待できる効果・研究エビデンスまとめ » 腎臓病の予防法・酵素の効果と研究結果 » 急性腎不全の主な原因と予防法

急性腎不全の主な原因と予防法

急性腎不全の原因

急性腎不全は、急激に腎臓機能が低下する症状を指します。原因としては以下のような理由が考えられます。

  • 全身疾患のために腎臓への血流が低下する場合(腎前性)
  • 腎臓そのものに原因がある場合(腎性)
  • 尿路に原因がある場合(腎後性)

上記を引き起こす原因としては、以下のような原因が挙げられます。

  • 造影剤による尿細管細胞の障害
  • O-157大腸菌への感染
  • 抗生物質などの薬剤に対するアレルギー反応
  • 血圧の急激な低下
  • クラッシュ症候群

腎臓機能そのものが加齢や遺伝などによって低下するケースと、薬剤やクラッシュ症候群のように別の原因が関わっている場合とに分けられます。

急性腎不全の検査内容

急性腎不全を調べるためには、以下の順に診断を行います。

  • 尿検査
  • 血液検査

尿検査は早期発見のために、タンパク質や血液がどの程度尿に漏れ出ているかを検査します。次に進行度合いの確認のため、血液検査を行います。

腎臓に問題があるとわかった場合は、画像診断を行って腎臓の形・大きさ・腫瘍や結石など合併症の有無を調べます。

  • 腹部CT検査
  • 超音波(エコー)検査

画像診断で異常が認められたら、はっきりと診断をつけるために詳細な診断を行います。

  • 腎生検

腎生検は入院のうえ、専門医が腎臓の一部を採取して検査を行います。

急性腎不全の治療方法

急性腎不全の治療は、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、回復する可能性があります。

多くの場合、入院して治療を受ける必要があります。原因に対する治療を第一に行い、腎機能が回復するまで、腎不全によって破綻した体内の内部環境を維持することが重要です。

腎機能障害が高度の場合には、血液浄化療法(人工透析)を実施しながら、原因に対する治療を行います。

  • 腎前性:適切な輸液、輸血(心不全があれば心拍出量を増加させるカテコラミンなどの昇圧剤の服薬)
  • 腎性:ステロイドを中心とした強力な免疫抑制療法または原因薬剤の服薬中止
  • 腎後性:原因除去(尿路結石、腫瘍、前立腺肥大症などの治療)・尿管カテーテル挿入・腎瘻造設などによる閉塞の解除

原因に対してしっかりと治療を行わなければ自然回復は見込めず、より申告な慢性腎不全に移行してしまいます。

効果が出るまでの間は体液量の評価を行いながら栄養管理を実施し、食事療法と補助的な薬物療法を併用して様子をみます。

すでに腎機能の低下が進んでおり、尿の出が悪くなる「乏尿」が続いていたり、あるいは尿毒症の症状が表れていたりする場合には、透析を開始します。

ただし急性腎不全の場合腎臓が機能を回復するまでの一定期間だけ透析を行うケースも多く、数日~数週間で回復します。

急性腎不全の予防方法

急性腎不全は突然腎臓機能が低下する症状です。腎臓に負担をかけないための方法としては以下の通りです。

  • 医薬品の使用で異常があったときは医師・薬剤師に相談する
  • 既往症の治療方法を変更する
  • 定期的に検査を受ける

腎臓は医薬品の使用によって急性腎不全の症状をきたすことがあり、以下のような薬が挙げられます。

  • 薬解熱鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症)
  • 高血圧治療薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)
  • 抗生物質(アミノグリコシド系抗生物質)
  • 抗菌薬(ニューキノロン系抗菌薬)
  • 造影剤(ヨード造影剤)が挙げられます。

これらの薬を使用している方は、普段から尿量をチェックして少しでも異常がみられるときはすぐに医師や薬剤師に相談してください。

抗がん剤として、シスプラチンなどの白金製剤が急性腎不全の原因になることがあります。

腎臓の尿細管に大きな負担をかけるため、腎機能が低下しているときには使用量を少なくするか、他の薬に変更するなどして対処しなければなりません。

腎臓は心臓などとは異なり、自覚症状がほとんど出ない「物言わぬ臓器」です。痛みなどの症状がないためセルフチェックだけでは進行状況がチェックできません。

早期発見・早期治療のためにも、定期的な血液検査と尿検査を受けましょう。

急性腎不全の症状

急性腎不全は、数時間から数日のうちに急激に腎機能が低下する病気です。代表的な症状は以下の通りです。

  • 尿量の減少
  • 無尿
  • 血尿
  • 褐色調の尿
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • むくみ
  • 全身の倦怠感
  • 意欲の減退
  • 痙攣(けいれん)
  • 尿毒症

上記のうち、尿毒症は腎臓の働きが極端に低下して起こる全身疾患です。

腎不全の末期的状態として、むくみや呼吸困難、食欲低下などさまざまな症状が表れてきます。尿毒症にかかっている場合は人工透析を行うのが一般的な治療方法となります。

いずれの場合も血液検査を行って、血中尿素窒素や血清クレアチニン、カリウムが基準値に比べて高くなっているかどうか判断しなければなりません。

早急に原因を突き止めて治療を行いながら経過を観察し、必要に応じて透析治療を行って体の中のバランスを整える必要があります。

複合的に病気を抱えている患者さんの場合は、腎機能の回復までの他の病気治療も行っていかなければならない場合もあり、原疾患や合併症の状況も診る必要があります。