生きたまま酵素の効果の高さを実証する
科学的証明(エビデンス)とは

医療機関や第三者機関の研究結果をチェック

酵素サプリイメージ

生きたまま酵素は、本当に私たちの体に対して良い効果をもたらすのでしょうか?専門の研究機関や医療機関で行われた臨床実験や研究結果を見ていきましょう。このような科学的証明(エビデンス)の有無によって、効果の高さや安全性を見極めることが肝心です。

酵素活性の検査結果と「酵素活性比較表」/鈴鹿医療科学大学

酵素サプリ数種類の「酵素活性力」を測定して比較。生きたまま酵素とその他の酵素の間では、最大40倍以上も酵素活性値=効力に差があることが分かっています。

抗糖尿病の臨床結果/東方医学第29巻

糖尿病の合併症治療中の患者さんに対して、3ヶ月間生きたまま酵素を摂取してもらい、体重や血糖値などを測定。体重や血糖値、ヘモグロビンA1c値の減少が見られました。

尿酸低下作用(痛風の抑制効果)の実験結果/東方医学第28巻

マウスに生きたまま酵素を投与して尿酸値抑制について調べる実験。酵素を与えたマウスは30%以上も血中尿酸値が低い、という結果が得られました。

抗腫瘍(癌)効果の実験結果/京都府立医科大学

皮膚がんの一種、メラノーマ細胞を接種したマウスに生きたまま酵素を与えて比較した実験。与えたマウスに腫瘍の縮小が見られ、転移も少ないという結果が得られました。

生きたまま酵素の症状疾病に関する働きかけ

生きたまま酵素の働きを科学的に紹介

口コミ評判まとめ

生活習慣病や三大疾病など、日本でも多くみられる疾病を中心に、それぞれの症状や原因を突き止めたうえで、生きたまま酵素がどのように働きかけることを期待できるのか、まとめています。

糖尿病

血糖値413/dlから97/dlにまで下がりました。

血糖値413mg/dl以上、血圧は236だったのですが、生きたまま酵素を飲み始めてから、血糖値は97/dl、血圧126まで下がりました。病院で何種類もの薬を処方されても効果が出ず、副作用に苦しんでいた私にとって、生きたまま酵素はまさに救世主のような存在です。(60代・女性)

痛風

尿酸値30mgから基準値の4mgに。今では発作もありません。

尿酸値は30mg/dl、3,4ヶ月おきの発作、長いときは5ヶ月以上も激しい痛みが続く…。そんな私を心配し、家族が紹介してくれたのが酵素サプリ。はじめは半信半疑でしたが1年以上飲み続け、今では発作もなくなり、尿酸値も基準値の4mg/dlで落ち着いております。(50代・男性)

脳梗塞

後遺症の左半身のマヒが改善され、血圧も正常値に。

生きたまま酵素を飲み始めてから、脳出血の後遺症である左半身のマヒが改善されてきています。飲んで1週間で身体がスッと軽くなったことには驚きました。ずっと冷たかった頬もほんのり赤みが出るほどあたたかくなったんです。血圧も200mmHgから122mmHgまで下がり、正常値を維持できるようになりました。(70代・女性)

心筋梗塞

わずか4日で効果を実感!今では車イス生活から脱却できました。

「あと1、2分処置が遅れていたら、命を落としていたかもしれない」。心筋梗塞を発症後、2か月の集中治療、8か月の入院を経て、車イス生活を送る日々…。そんな中で生きたまま酵素を飲み始めたところ、わずか4日目で効果を実感。後遺症のマヒが少しずつ改善されていきました。いまでは車イスに頼らなくても大丈夫になるまで回復したんです。(60代・女性)

がん宣告を受けて3年。子どもと元気に暮らしています。

40歳でがんを宣告されてから1年。会社を率いる経営者でもあり、幼い子どもを持つ父親でもある私がとった選択は、生きたまま酵素の飲用。血液検査でドロドロだった赤血球が、生きたまま酵素を飲んですぐにサラサラになったのを見て、以来、効果を信じて飲み続けています。最初の1か月では持病の腰痛も改善され、3か月目には身体が疲れにくくなり、それから3年の月日が経とうとしています。(40代・男性)

生きたまま酵素について詳しく知りたい方はこちらで検索!

生きたまま酵素とは

酵素の力を100%引き出せている?「本物」を見極める4つのポイント

酵素を配合しているサプリは数あれど、“生きたまま酵素”と呼ばれるものと一般的な酵素とでは、本質的な違いがあります。本当に効果がある酵素サプリを選びたいなら、以下のようなポイントをチェックすべきです。

① 50℃以上の熱を加えていないか

酵素は50℃以上の熱を加えると効力を失ってしまいます。
加熱せずに発酵や加工が行われているかどうか
が第一のポイントとなります。

② 医師・専門家・大学との共同開発の有無

医療機関や専門の研究機関などで、サプリメント成分の有効性を実証する実験、研究などが行われているものであることが条件です。

③ 第三者機関による科学的証明(エビデンス)の有無

本物の生きたまま酵素にはエビデンス=科学的証明がつきもの。
大学といった第三者機関による客観的なデータの有無
を必ず確認しましょう。

④ 形状(錠剤・カプセル・ペースト・ドリンク)

カプセルタイプのものであればベスト。これらは製造工程で加熱・加圧などの処理を加えていないため、高い効果を見込めます。残念ながら、それ以外はすべて加熱処理をしているのです。