血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 生きたまま酵素に期待できる効果・研究エビデンスまとめ » 深部静脈血栓症の主な原因と予防法

深部静脈血栓症の主な原因と予防法

深部静脈血栓症とは

「深部静脈血栓症」の症状は、主に脚や骨盤にある深部静脈(足先から心臓に向かう血管)に血栓ができるといったものです。血栓によって血流がスムーズでなくなり、脚が腫れてしまったり、血栓が剥がれてしまったりした場合は、そのまま血流に乗って肺まで到達し、肺塞栓症につながる場合もあります。肺塞栓症になると、血液中に必要量の酸素が送られなくなり、重度になると心臓に負担がかかり、死に至ることもある病気です。
原因としては、注射や点滴、手術や怪我、炎症により深部静脈が傷ついた場合、血液が凝固しやすい病気・凝固しやすい薬を飲んでいる場合、長時間にわたり脚(特にふくらはぎ)を動かさない状態が続いた場合に起こりやすく、入院中や手術後にも併発しやすい病気だと言えます。

症状

「深部静脈血栓症」は、発症者の半数以上に自覚がない病気と言われています。「深部静脈血栓症」の初期段階で現れる症状としては、血栓ができた部分や周囲のむくみが挙げられますが、その段階で気づくことは多くはなく、多くの人が「胸の痛み」や「息切れ」と言った、「肺塞栓症」に移行してからの症状で気がつきます。血栓の出来た場所により変わりますが、脚の太い静脈血管が遮断された場合には、ふくらはぎのむくみ、痛み(圧痛)、熱感などの症状が現れることがあります。また、合併症として脚全体やふくらはぎが腫れて、部分的に赤黒く変色するような「慢性静脈不全症」がありますが、基本的には「深部静脈血栓症」自体は初期での発見が非常に難しい病気であることに間違いはありません。

深部静脈血栓症の診断方法

「深部静脈血栓症」は、前述の通り発見が難しい病気です。そのため、疑いがある場合には「ドプラ超音波検査」や、「血液検査」により血栓から放出される特定の物質(Dダイマー)の濃度の測定などにより診断をします。
また同時に「息切れ」や「胸の痛み」などの症状があり、肺塞栓症の疑いもある場合には、「CT血管造影検査」や「肺センチグラフィー」で「肺塞栓症」の検査を、「深部静脈血栓症」の検査と並行して実施する必要があります。
その他にも合併症としては、静脈の弁が損傷して機能しなくなり、脚のむくみや変色、肌表面のうろこ状のカサつきなどが出る「慢性静脈不全症」、重度の浮腫みと痛みが特徴で、悪化すると壊死にもつながる「虚血」などがあり、これらの症状からわかることも多々あります。

深部静脈血栓症の治療方法

「深部静脈血栓症」の治療をする際は血栓を溶かし、肺塞栓症を防ぐことを目的とします。最初は入院が必要ですがその後は日常生活を送りながら、「抗凝固薬」「血栓溶解薬」などを医師の指示に従って服用します。「抗凝固薬」は一般的な治療に用いられる薬ですが、血液が固まり辛くなる分、出血してしまうと血が止まりづらいというリスクもあります。
そのため、「65歳以上の高齢者」や「心臓発作」「脳卒中」「消化管の出血」が近年にある方、「糖尿病」「腎不全」の持病がある人は大量出血のリスクが高まります。
その他に、稀に用いられる治療法として「血栓フィルター」というものがあります。抗凝固薬が使用できない、または効果がない場合は、深部静脈血栓症の部位と心臓の間の太い血管にフィルターを入れ、剥がれ落ちた血栓が肺や心臓に到達するのを防ぎます。

血管と生きたまま酵素の関連性

「生きたまま酵素」に含まれる酵素は、栄養素の消化・吸収効果を活性化させ、それと同時に血管を拡張する効果が認められています。これは、「生きたまま酵素」に含まれる「プロテアーゼ活性効果」によるもので、血管を拡張し、その結果血圧低下をサポートします。「生きたまま酵素」のプロテアーゼ活性効果は、一般的なサプリメントの約40倍以上の数値を出しており、高い血圧低下効果が期待できます。

また、「生きたまま酵素」に含まれる糖分や脂質を分解し、余分な脂質・糖分を体外に排出する効果は、「ドロドロになった血液」を「サラサラな血液」へと変化させるサポートもしてくれます。サラサラの血液はスムーズに流れ、血流の改善が期待できるので、血流が滞ることも原因の1つである深部静脈血栓症予防の効果も期待できます。

酵素の効果、生きたまま酵素の研究結果を見る

生きたまま酵素について詳しく知りたい方はこちらから!