HOME » 本当に効果のある酵素・毒だし酵素とは » そもそも、酵素の働きって?

そもそも、酵素の働きって?

酵素がないと、人間は生きていけない?

生命イメージ

「酵素が尽きると命も尽きる」と言われるほど、酵素は体にとっては無くてはならない存在。

健康で元気に長生きするために、または健康で元気に長生きしてほしい人のために、酵素の働きを学んでみてください。

<働き別>酵素の働きとは

生命活動を支える、3種類の酵素をご紹介

酵素は、体内での働きによって以下の3種類に分けられます。それぞれが連携し合って、一連の生命活動を支えているのです。

消化酵素

体内に取り込んだ食べ物を消化するための酵素。元々体内に存在しているもので、食べ物を分解し吸収しやすくする働きを持っています。

食物酵素

豆類や野菜、果物、発酵食品などに多く含まれている酵素。食べ物そのものを消化する力を持っています。摂取すると、元々体内にあった消化酵素をサポートする働きがあります。

代謝酵素

元々体内に存在している酵素のひとつ。体内で吸収された栄養をエネルギーに変換し、運動などで代謝する働きを担っています。呼吸や生命維持活動のためのエネルギーを作り出しているのも、この代謝酵素です。

極端な言い方かもしれませんが、酵素がなければ、食べ物から摂取した栄養は分解も消化も、吸収もできず、運動するためのエネルギーも生まれない…つまり、私たちは生きていけなくなるのです。

酵素の働きには「活性」が重要

酵素がきちんと働くか?「活性」で判断する

酵素はただ体内にあればいいというわけではなく、きちんと効力を持っているかどうかが重要。

酵素の働きの強さを酵素の「活性力」と呼び、数値で表すこともあります。しかし、酵素は熱に弱いので50℃以上の熱を加えると、その効力はほとんどなくなってしまうのです。

酵素サプリメントの中には製造過程で熱を加えてしまい、効力を失っているものが多くあるようです。とくにドリンクタイプのものは食品衛生法で熱処理を義務付けられているため、酵素の効力は落ちていると考えても間違いありません。

酵素サプリを選ぶときは、酵素活性があるかどうか、きちんとチェックすべきでしょう。

<特集>毒だし酵素の活性力に注目

鈴鹿医療科学大学の研究結果によると、「毒だし酵素」と呼ばれる酵素サプリの活性値が、一般的な酵素サプリに比べて何十倍もの差をつけていることがわかりました。下の図をご覧ください。

酵素活性比較 鈴鹿医療課大学分析結果

ここでは、3大酵素といわれているアミラーゼとプロテアーゼ、リパーゼの酵素活性を比較しています。それぞれの役割は以下のとおり。

  • アミラーゼ…炭水化物を消化・分解する酵素
  • プロテアーゼ…タンパク質を消化・分解する酵素
  • リパーゼ…脂肪を消化・分解する酵素

この3種類の活性が高いということは、食品全般を消化・分解する効力が高いことを意味しています。

分析結果を見ればわかるとおり、毒だし酵素と呼ばれる酵素サプリは3大酵素の効力が、他の酵素サプリに圧倒的な差をつけています。

とりわけタンパク質を分解するプロテアーゼにいたっては、一般的なサプリメントと比べて40倍以上の活性値=効力の高さ。

ここまで活性力に差が出る要因は、非加熱・非加圧の製造過程にあります。

詳しくは次のページで解説していますので、ぜひ目を通してみてください。