血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 生きたまま酵素に期待できる効果・研究エビデンスまとめ » 腎臓病の予防法・酵素の効果と研究結果 » ネフローゼ症候群の原因と予防法

ネフローゼ症候群の原因と予防法

ネフローゼ症候群の原因

ネフローゼ症候群とは、尿の中に基準以上のタンパク質が含まれてしまう病気の総称のことで、尿蛋白が3.5g/1日以上が持続し、血液中の血清アルブミン濃度が3.0g/dL以下の状態のことを指します。

ネフローゼ症候群を引き起こしてしまう原因は大きく2つに分類されており、腎臓の疾患によって引き起こされるのを一次性(原発性)ネフローゼ症候群と呼び、全身の病気が原因で起こるものが二次性(続発性)ネフローゼ症候群です。

一次性ネフローゼ症候群の原因となりうる疾患

  • 微小変化型ネフローゼ 
  • 膜性腎症
  • 膜性増殖性糸球体腎炎
  • 巣状分節性糸球体硬化症(巣状糸球体硬化症)

二次性ネフローゼ症候群の原因になるうる主な疾患

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • ループス腎炎
  • アミロイド腎症

上記が主な原因疾患と言われています。つまりネフローゼ症候群を引き起こす疾患は数多くあるため、原因をしっかり追究し原因に即した治療を行うことが重要になってくるでしょう。そのため腎生検などを実施し、詳細な検査を実施していきます。

ネフローゼ症候群の検査内容

ネフローゼ症候群は原因を限定するために、問診が重要な疾患です。症状以外にも過去の病歴など様々な視点で問診を実施。また複数の検査を行い、体の状態を詳しく調べていきます。

尿検査

最も重要な検査と言えるでしょう。一言で尿検査と言っても、さまざまな種類があります。

  • 尿定性 尿の比重やタンパクや血液の有無などを調べる検査です。30分程度で検査することができるメリットがあり、結果は6段階で評価されます。
  • 尿沈渣 赤血球や白血球などを調べることができる検査であり、ネフローゼ症候群の特徴とも言える脂肪円柱という物質を調べることも可能です。
  • 蓄尿検査 尿に含まれるたんぱく質の1日の量を正確に調べる検査で、1日分の尿を溜める必要があります。尿中のタンパク質量が3.5g以上であれば、ネフローゼ症候群の可能性が高まるでしょう。

血液検査

  • 全身の状態を把握
  • 体の中のタンパク質やアルブミンの量
  •  
  • 腎臓の機能
  • 肝臓の機能
  • 電解質異常の有無
  • 貧血の有無
  • ネフローゼ症候群の原因となる病気を調べる

上記のような項目を把握することができます。さらに電解質に異常がないか否かもチェックできるでしょう。そのため原因となりうる疾患を絞り込むことが可能です。

セレクティブ・インデックス

タンパク尿の成分を詳細にチェックする検査で、血液検査と尿検査の双方が必要になります。この検査は原因となる疾患をさらに絞り込むことができます。

腹部超音波検査

腎臓の形や大きさ、血管の走り方などを調べる検査です。ただしネフローゼ症候群の場合、腎臓の形に変化がないケースも多々あります。CT検査などの他の画像検査によって、更に詳細に検査をすることもあるようです。

腎生検

タンパク尿などの異常が認められた場合に腎生検を実施するかどうか検討されます。腎生検は出血などのリスクも高いため、入院中に行われるのが基本的です。

ネフローゼ症候群の治療方法

タンパク尿の治療

タンパク尿は腎臓自体に影響を及ぼしてしまうため、早めに症状を改善させることが重要になってきます。まずはステロイド剤を使用し、炎症を抑える治療が一般的です。ステロイド剤による治療はタンパク尿の状態を確認しながら、4~8週間実施します。ステロイド剤での効果が十分でないと判断されたときには、免疫抑制剤など他の治療剤に変更することも。

むくみへの治療

浮腫み自体は、ネフローゼ症候群の状態が解消されることで症状が落ち着きますが、直接浮腫みに対しての治療を行うこともあります。それが利尿剤を用いる方法と塩分の制限です。

脂質代謝異常の治療

とくにLDLコレステロールが高い状態が続けば、動脈硬化の原因になりかねません。血液検査の結果によっては、LDLコレステロールをコントロールする薬剤を使用することがあります。

血栓症の治療や予防

ネフローゼ症候群は血栓が出来やすくなる疾患と言われており、血栓に対する治療や予防も行うことが必要です。血液をサラサラにするような薬剤が処方されます。

ネフローゼ症候群の予防方法

ネフローゼ症候群を予防するためには、検診を定期的に行うことが最も大切になってきます。それは治療を早期に行うほど、完治しやすい病気であり、尿検査など簡単な検査である程度スクリーニングできるからです。尿検査を定期的に行うことで、悪化すればネフローゼ症候群を引き起こす可能性があるIgA腎症などの慢性腎炎を調べることもできます。尿検査の結果、異常が発見されれば必ず医師に診てもらうようにしてください。

生活で行える予防法として、食事による塩分量のコントロールです。ほとんどの日本人は、塩分を過度に摂り過ぎている傾向にあり、腎臓に対して余計な負担をかけている状態です。できる限り1日6ℊ以下を目安にしましょう。またタンパク質の摂り過ぎも良くありません。タンパク質を過度に摂取した場合、タンパク尿の原因になってしまうことがあるので注意しましょう。毎日の食事のメニューなどを見直すことが大切です。

ネフローゼ症候群の症状

ネフローゼ症候群は進行具合によって症状が変わってきます。少しでも不調がある場合には、一度検査を受けた方が良いでしょう。

初期症状

初期で最も気が付きやすいのが、尿の泡立ちです。尿はタンパク質が混ざると泡立ちやすい性質があるため、尿を日々チェックしている方であれば尿の異様な状況に気が付くかもしれません。ただ尿を見ていなければ、ほとんどの方が気付くことは少ないでしょう。

進行によって起こる症状

ネフローゼ症候群が進行すると、さらに多量の尿タンパクが出るようになります。その結果、むくみや体重増加が引き起こされるでしょう。通常と変わらない食生活にも関わらず、1週間前より3kg以上も体重が増加した場合には、ネフローゼ症候群の可能性が高まります。

さらに進行した際に起こる症状

腎機能障害が悪化すれば、腎不全の状況に陥ってしまうでしょう。血栓症や脳梗塞、尿が全くでない、心不全などの症状が現れてきます。ここまでの段階に進むと大変危険です。透析などの治療が必要になってくるでしょう。