HOME » あの病気も快方へ?毒だし酵素の口コミまとめ » 心筋梗塞患者の声~毒だし酵素の口コミ~

心筋梗塞患者の声~毒だし酵素の口コミ~

急性心筋梗塞は、動脈硬化などが原因で心臓へ血液を送る冠動脈が詰まってしまう病気。詰まった部分より先には血液が届かなくなるために筋肉が壊死してしまい、心臓が上手く機能しなくなる重大な疾患です。

心筋梗塞の多くは、血管や血流の異常が発端となるため、血管の健康をサポートする酵素は効果的なのでしょうか?ここでは、毒だし効果の高い酵素を取り入れた心筋梗塞患者の方々の口コミを紹介しています。ぜひご参考ください。

心筋梗塞を患う方からの毒だし酵素の口コミ

半身不随の車イス生活から脱却!(60代・男性)

数年前に急性心筋梗塞を発症。「あと1、2分処置が遅れていたら、命を落としていたかもしれない」という大変な事態だったほどでした。血糖値は403mg/dl、血圧は223で、体重は120kgもあったんです。緊急手術のあとはしばらく昏睡状態が続き、2か月間の集中治療、さらに8か月の入院生活。退院後は右半身にまったく感覚が残っておらず、氷のように冷たい状態でした。1人で車イスにも乗れず、右腕はだらんと垂れ下がったまま…。そんな私のそばにつねに寄り添い続けてくれた妻が、雑誌で紹介されていた毒だし酵素というサプリメントを購入してくれたので、思い切って飲んでみることにしました。
わずか4日でほんのり右手・右足が温かくなったのを実感。血糖値は98までスッと下がったのです!6日目にはそれまで動かなかった右足が、少しではありましたが、動かせるように。日が経つにつれ、右半身は動くようになっていき、いまでは杖なしで歩けるまでに回復しました。これからも妻と二人三脚でリハビリに励んでいきたいと思います。

40年来の持病が完治!(70代・男性)

30歳で「発作性上室頻拍症」という心臓の病気(不整脈)を患い、以来、動悸やめまいに苦しむ日々が続いていました。ひどいときは1分間の脈拍が200以上。免疫力も低いために扁桃腺がよく腫れていましたよ。数年前に毒だし酵素の血液浄化作用を知ったとき、自分の心臓機能を良くする方法はこれしかないと思い、飲み始めてみることに。すると血圧が200以上から130まで下がり、正常値に改善されました。これを機に血圧は安定しています。また40年来悩んでいた扁桃腺の腫れもほとんどなくなり、心臓の発作もまったく起こらなくなりました。なにより、心臓病の薬を飲む必要もなくなったことがうれしいです。毒だし酵素には持病を完治させる力があるんだ!と思わされましたね。

余命を宣告されてから、奇跡的な回復を遂げました(60代・女性)

数年前の脳梗塞を起こして以来、動悸や息切れ、不整脈やめまい、左半身のしびれが頻発。一度しっかりと病院で診てもらったところ、脳梗塞や糖尿病のほかに、心筋梗塞も起こしていると言われ、さらには「もう先は長くない」と余命宣告を受けました。そんなときに雑誌で紹介されていた毒だし酵素と出会い、思い切って試してみた際、飲んで数時間で息切れやめまいがすうっと消えていったんです。その後も酵素を飲み続けていくうちに、インスリンの投与量が減り、ついには予定していた心臓の手術の必要もなくなりました。今では血圧や血糖値も低くなり、安定しています。病院の先生にも奇跡としか言いようがない、と驚かれています。

心筋梗塞再発の危険を解消しました(60代・男性)

夜中に急に胸がきつく締めつけられ、チクチク痛みだしたのですが、それがあまりの痛さで救急病院へ行ったんです。そしたら心筋梗塞と診断され、緊急手術が行われることに。1週間後には退院できたのですが、以前から糖尿病を患っていた私は「心筋梗塞の原因である糖尿病をこのままにしていてはいけない」と改めて反省し、糖尿病の改善を決意しました。
そこでまずは、糖尿病に効果が高いとされている毒だし酵素を飲んでみることに。飲み続けた結果、半年後に血糖値・血圧が正常値に戻り、いまも安定しています。見事に心筋梗塞再発を防ぐことに成功したのです!血液をきれいにするだけでここまで健康になれたのが、本当に嬉しく思います。

飲み始めて1か月で手術不要・異常なし(70代・男性)

2年前、突然胸が痛みだし、病院に行ったところ「心筋梗塞」と診断されました。心臓に酸素や栄養を送る冠状動脈が4か所も詰まっており、ふさがった血管を広げるカテーテル手術を受けました。その後は通院と薬の服用を繰り返す日々。ひん尿や出が悪いなどの副作用と思しきトラブルも続き、心身ともに不調が続いていました。そんな折、病院から検査入院と手術を行うと言われました。どうしてもそれを避けたいと思っていたところ、雑誌で紹介されている毒だし酵素が目に飛び込んできました。そこで、わらにもすがる思いで飲み始めることにしたんです。
すると5日後には見事にひん尿が改善されたので、薬の量を減らし、さらに手術の延期を申し出てみました。「続ければ手術を回避できる」と思ったからです。飲み続けていくうちに、みるみる体調が良くなっていき、1か月後の検査ではなんと「異常なし」「手術不要」との結果が出ました。

わずか30分で血液がサラサラになったんです(60歳・男性)

仕事がら、世界中を飛び回る超過密スケジュールの生活を送っていたのですが、10年以上もまえに心臓病を患いました。それから心臓病の薬のショックで、倒れてしまったんです。約1年にもわたる入院生活を経て、その後もずっと体調が優れない日々が続いていました。またいつ倒れるか、仕事で忙しい私はとても不安でした。そんな私に友人がすすめてくれたのが「毒だし酵素」や「植物酵素」と呼ばれる酵素サプリ。血液検査でドロドロの自分の血液を見たあとにこちらの酵素サプリを飲み、また30分後に血液検査をしたところ、なんとサラサラになっていたんです。これを見て飲み続けようと思いましたね。
このサプリのおかげで、元の世界中を飛び回る忙しい生活に戻ることができているので、本当に感謝しています。

※あくまでも個人の感想です。感じ方や効果には個人差があります※

毒だし酵素の心筋梗塞への効果

酵素活性比較 鈴鹿医療科学大学分析

毒だし酵素の心筋梗塞への効果に関する科学的証明(エビデンス)は今のところ報告はありません。しかし、心筋梗塞を引き起こすドロドロの血液を予防するための、食べものの分解力の強さは実証されています。

鈴鹿医療科学大学の実験にて、毒だし酵素の酵素活性力の分析結果では、なんと他の一般的な酵素サプリに比べてはるかに高い数値を記録。

タンパク質を分解するプロテアーゼが約43倍、脂肪を分解するリパーゼが約19倍、炭水化物を分解するアミラーゼが約11倍です。

心筋梗塞と酵素の関係

健康な人の血液では、ケガをして出血した際、血液が流れ出るのを止めるために血小板が集まって血栓を作ります。ケガの修復が終わると、血中にある酵素によって自然に溶かされてなくなりますから、血管が詰まるようなことはありません。

しかし、食事の偏りなどで血中に悪玉コレステロールや中性脂肪などが増えすぎると、血液がドロドロになって酵素が働かなくなり、血栓が消えずに大きくなってしまいます。

このように、食生活や生活習慣によって血液の質が悪くなることによって、血管やその先の心臓にまで害が及んでしまうわけですから、血液をドロドロにさせないことが重要。

血栓を溶かす役割を担う酵素をもっと補えば、ドロドロ血をサラサラ血に変えることができるのです。ふだんの生活で酵素を摂り続けることで、動脈硬化や心筋梗塞の発症を予防することが期待できます。