血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 生きたまま酵素に期待できる効果・研究エビデンスまとめ » 腎臓病の予防法・酵素の効果と研究結果 » IgA腎症

IgA腎症

IgA腎症とは

IgA腎症とは、腎臓病の中でも若年層が発症しやすいと言われる症状です。腎臓の中の糸球体という組織にIgA抗体が沈着し、炎症を起こします。症状としては、肉眼で確認できるほどの血尿で、その他、蛋白尿など、尿検査を経て発見されることの多い病気です。

難病指定もされており、3割の人が腎不全となって、腎臓移植や人工透析治療が必要になります。

IgA腎症の原因

リンパ球の機能異常と遺伝によるもの、ウィルス感染などの原因が考えられます。

IgA腎症の検査方法

尿検査による尿蛋白の項目、血尿の有無によって判断し、その後精密検査として「腎生検」を行います。腎生検は、腎臓の組織の一部を採取して、顕微鏡で検査する、というもので、若年層の場合は、全身麻酔を用いることも少なくありません。

IgA腎症の治療方法

基本的には、薬物療法が主となります。降圧薬や免疫抑制薬などを処方する方法とステロイドパルス療法と呼ばれる大量のステロイド剤を短期間に投与する方法があります。また、なかなか改善が見られない場合は、扁桃腺の摘出を行う場合もあります。

IgA腎症の人の体験談

実際にIgA腎症を発症した人の体験談を掲載いたします。

Sさん(会社員/54歳)の体験談

会社の健康診断で血尿を指摘されて、精密検査を受けることになりました。精密検査は、腎生検(*1)という腎臓の一部を摂取して調べる検査で、「IgA腎症(*2)」だと診断されました。

私の親族にも何人か腎臓病を患っていた人を見てきたので、そこまで大きな驚きはなかったですが、クレアチニン値(*3)はどんどん高くなっていき、パルス療法でも改善は見られませんでした。

その後もクレアチニン値は高くなっていき、いよいよ人工透析(*4)を導入することに。透析治療自体は親族の経験から見慣れていたので、前向きでした。その頃、会社の上司から「酵素がいい」という話を聞き、「少しでもよくなったらいいな」という気軽な気持ちで生きたまま酵素を取り入れてみることにしました。

取り入れ始めてから、医師から驚かれたのが尿量です。通常は透析治療をしていると、尿量が減って、二日出ないことはザラで、一日にコップ一杯分出ればいい方だったのですが、今はコップ三杯分くらいに増えています。それに加えて、なんだか前より体が軽く感じられ、発症前より元気になっている気がするんです。酵素を取り入れることで"普通"になれるのが本当に嬉しくて、他の人と変わらない生活を送れています。

肉体労働をしていることもあってか、治療以外の運動や食事制限も特になく、週に3回、火・木・土と通院をして透析治療をしているくらいで、飲み会にも参加できるし、ゴルフも18ホール回っても貧血になったりすることがなくなりました。塩分や水分を取りすぎないようにはしていますが、本当に調子が良くて嬉しい限りです。

透析治療も、会社の理解があって助かっています。会社がバックアップしてくれる安心感はやはり違います。治療のある日は仕事を早めに上がらせてもらって、それ以外は本当に"普通"の生活です。酵素を取り入れてから、"普通"を維持できることが嬉しくて手放せません。出会えてよかったと思っています。

  • *1…腎生検とは
    背中側から細い針を通して、腎組織の一部を採取して顕微鏡で傷みを検査する方法です。腎機能が低下している際に行われる検査で、CKDなどの発見に使われます。
  • *2…慢性糸球体腎炎(IgA腎症)とは
    IgAは免疫グロブリンAの略式で、腎臓にある糸球体で炎症を起こします。若い年代に多く、血尿や蛋白尿などによって発覚することがあります。炎症が続くことで腎機能がだんだんと働かなくなり、老廃物をろ過できなくなってしまいます。治療は主に降圧薬や抗血小板薬の処方、扁桃摘出術とステロイドパルス療法を組み合わせたものを行っていきます。
  • *3…クレアチニン値とは
    通常は筋肉を動かすと血液中に発生するクレアチニンですが、体には不要なものの為、腎臓でろ過されて体外で排出されます。ただ、腎臓の疾患により、ろ過され切れずに体内のクレアチニン値が高くなることで正常に尿が作れなくなる恐れがあります。(基準としては、男性の場合、0.65~1.09 mg/dL。女性は少し低くなり、0.46~0.82 mg/dLが基準と言われています。)
  • *4…人工透析とは
    腎機能の働きが10%以下になる場合に導入される治療方法で、血液中の老廃物や

IgA腎症で気を付けるべき値

アンケート3:健康診断で気になる項目 

今回匿名アンケートを実施したところ、健康診断で気になる項目にA/G比や総蛋白を気にしている人が一定数いました。

腎臓病では、こういった項目の値で引っかかることで発症していることが発覚するため、日ごろから注意が必要です。

また、体験談で紹介したように、健康診断で血尿が出てIgA腎症に罹っていることが分かった人もいるので、日ごろから注意をして、健康的な食生活、運動のほか、酵素によって体の中から掃除をしていくことで、可能性を最小限にすることができます。