「生きたまま酵素」をご存知ですか?
臨床研究が明らかにした「生きたまま酵素」の
すごさをご紹介します。

研究データに基づき、
監修医が詳しく解説します

臨床研究に携わってきた武内徹郎たけうちてつお医師が、株式会社ヴァリダックスとの共同研究を通じて確認してきた「生きたまま酵素」のすごさを詳しく解説してくれます。 クレアチニン値が高いと医師から指摘を受けている方や、腎機能に不安を抱えている方、酵素に可能性を感じている方は、是非ご一読ください

医学博士_武内徹郎先生
監修
医師

医療法人大樹会

武内徹郎たけうちてつお 理事長

プロフィール

医療法人大樹会理事長・医学博士。酵素を活用する現役医師。三重県立大学医学部卒業。三重大学付属病院第一外科、鈴鹿医療科学大学・非常勤講師などを経て現職。平成26年植物酵素の抗糖尿病作用に関するヒト臨床研究論文を東方医学にて発表。

武内先生から皆さまへ

血液が汚れると血管を詰まらせたり傷つけてしまうだけに留まらず、血液をキレイにする機能を持つ糸球体組織に強い負荷をかけてしまいます。
これによって腎機能が低下すると、その回復は非常に困難です。血液の浄化によるクレアチニン値の低下や、腎機能の回復を目的にはじめたのが「生きたまま酵素」の臨床研究です。
いまお悩みの皆さまのお役に立てるよう、「生きたまま酵素」のすごさをご紹介させていただきます。

クレアチニン値が改善

武内先生の一言メモ

腎臓病のマウスに「生きたまま酵素」を投与したところ、腎機能の指標であるクレアチニン値が低下しました。

武内先生の一言メモ

クレアチニン値が4.3mg/dlも低下

クレアチニン値が改善したデータ 参照元:Asian Journal of Complementary and Alternative Medicine. Volume 08 Issue 1(アジアの補完代替医療誌 8巻1号, 2020年2月4日),Yeun-Hwa GU(純真学園大学 健康科学部 放射線科,教授),山下 剛範(鈴鹿医療科学大学 健康科学部 放射線技術科学科,教授),松尾 龍飛克(株式会社ヴァリダックス,代表取締役)鷲野 憲之(一般社団法人 医食同源研究会)Hong-Seok jang(韓国カトリック大学 医学部 ソウル聖母病院 放射線腫瘍科,医学博士),Ki-Mun Kang(慶尚大学校 医学部 放射線腫瘍学科, 大韓民国昌原市昌原病院, 医学博士),井上登太(みえ呼吸嚥下リハビリクリニック, 院長)

クレアチニンは老廃物を指すため、腎機能の正常さを確認する指標として使われています。腎機能に障害があると、尿によって排出されるはずのクレアチニンの量が低下して、血液中のクレアチニン値が上昇してしまいます。グラフは、アジア補完代替医療学術誌に掲載された「植物酵素の投与による腸内環境の改善および腎機能の回復」という論文内のもので、「生きたまま酵素」による動物実験の結果を示しています。ここでは「生きたまま酵素(植物酵素)」の投与をされた群のクレアチニン値が低下したことが確認できました。

武内先生のここが重要!

武内先生のここが重要!
腎機能を回復する6つの秘訣
  1. 質のよい血液をつくる
  2. 血流を良好に保つ
  3. 血液の汚れを徹底的になくす
  4. 血管の老化を防ぎ、若返りを促す
  5. 血栓をつくらせないようにする
  6. 動脈硬化の予防改善
参考:はつらつ元気 2020年11月号特別付録

腎機能の維持や回復には、血液の質の向上や、よりよい血流を確保することが株式会社ヴァリダックスとの「生きたまま酵素」の共同研究を通じて重要だと分かってきました。血液の質の向上や、よりよい血流を確保するために有用なことであれば、医師の指導に従いながら、しっかり取り組むと良いでしょう。

資料DLのaバナー

「生きたまま酵素」が詳しくわかる
\お電話で優しく丁寧に説明いたします!/
「生きたまま酵素」お問合せ受付

※(株)ヴァリダックスが
ご対応させていただきます。
TEL 052-745-2911
受付時間|09:00 - 17:00 年中無休

▲電話番号をタップすると直接お電話いただけます▲

とても多くのお客様から、お電話にてお問い合わせをいただいております。サポートスタッフが丁寧にご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

食物の消化・分解力の高さが判明

武内先生の一言メモ

非加熱の「生きたまま酵素」の活性力は、群を抜いていました。

武内先生の一言メモ

活性の違いが一目瞭然

酵素活性比較 参照:はつらつ元気 2021年2月号特別付録

酵素は熱に弱く、50℃前後の熱が加わることで活性力を失ってしまいます。食品衛生法で加熱が義務付けられた液状タイプ<の酵素、高温でプレスされた錠剤タイプの酵素などでは高い作用が望めないことがあります。

武内先生のここが重要!

武内先生のここが重要!
信頼できる酵素であることがポイント

特許製法の非加熱処理がされている「生きたまま酵素」は、次の5点が素晴らしい違いを生み出しています。良い機会なのでご覧ください。

  1. 大学等の第三者機関で作用や成分を客観的に評価。医師や学者らによる実験結果を学術誌で公表している。

  2. 熱を一切加えない特別な製法で、国内外で特許を取得している。

  3. 高い酵素力で、汚れた血液を飲用30分で浄化する。

  4. 血管の修復と若返りを促す。白血球や細胞を活性し、免疫力を向上する。

  5. 腎臓病、脳梗塞、心筋梗塞などの予防改善を助ける。
参考:はつらつ元気 2021年2月号特別付録

腎臓の糸球体組織が改善

武内先生の一言メモ

質の良い血液は腎機能を向上させ、質の悪い血液は腎機能を損ねてしまいます。

武内先生の一言メモ

糸球組織は回復する

腎の組織変化 引用元:Asian Journal of Complementary and Alternative Medicine. Volume 08 Issue 1(アジアの補完代替医療誌 8巻1号, 2020年2月4日),Yeun-Hwa GU(純真学園大学 健康科学部 放射線科,教授),山下 剛範(鈴鹿医療科学大学 健康科学部 放射線技術科学科,教授),松尾 龍飛克(株式会社ヴァリダックス,代表取締役)鷲野 憲之(一般社団法人 医食同源研究会)Hong-Seok jang(韓国カトリック大学 医学部 ソウル聖母病院 放射線腫瘍科,医学博士),Ki-Mun Kang(慶尚大学校 医学部 放射線腫瘍学科, 大韓民国昌原市昌原病院, 医学博士),井上登太(みえ呼吸嚥下リハビリクリニック, 院長)

マウスに株式会社ヴァリダックスと共同研究を行っている「生きたまま酵素(植物酵素)」を投与して、腎機能の回復を確認しています。(A)経過観察群のマウスの糸球組織、(B)「生きたまま酵素(植物酵素)」投与群の糸球組織、をヘマトキシリン・エオシンで染色して分かりやすく比較した結果、(A)(B)から期間が経過した画像(C)経過観察群のマウスの糸球組織、(D)植物酵素投与群の糸球組織で、組織量の回復が確認できました。

武内先生のここが重要!

武内先生のここが重要!
健やかな腎臓は、糸球体の極小毛細血管の末端にまで血液が行き届かせることから
  1. 質のよい血液をつくる
  2. 血流を良好に保つ
  3. 血液の汚れを徹底的になくす
  4. 血管の老化を防ぎ、若返りを促す
  5. 血栓をつくらせないようにする
  6. 動脈硬化の予防改善
参考:はつらつ元気 2020年11月号特別付録

身体中の老廃物を集めて、尿として体外に排出する働きをする糸球体ですが、腎機能の維持には、この糸球体がしっかり機能してくれることが大切です。極小の毛細血管なので、血液の循環が少しでも滞ること自体が大きなトラブルです。酸素や栄養が届かずに、糸球体が老廃物をろ過する機能を失っていってしまいます。腎機能を維持するには、この糸球体の済み済みまで良質な血液を送り続けましょう

資料DLのaバナー

「生きたまま酵素」が詳しくわかる
\お電話で優しく丁寧に説明いたします!/
「生きたまま酵素」お問合せ受付

※(株)ヴァリダックスが
ご対応させていただきます。
TEL 052-745-2911
受付時間|09:00 - 17:00 年中無休

▲電話番号をタップすると直接お電話いただけます▲

とても多くのお客様から、お電話にてお問い合わせをいただいております。サポートスタッフが丁寧にご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

酵素選びのポイント【重要】

選ぶなら高活性の酵素を

酵素活性比較 参照:株式会社ヴァリダックス(https://validux.co.jp/wp_enzyme5/)

これまでの話から、消化・分解力が高い「生きたまま酵素」が、錠剤や液体、ペーストや顆粒タイプのものと比べて非常に効果的であることが確認できます。それを可能にしたのが、日・中・韓の3ヵ国で取得している非加熱の特許製法です。この非加熱の特許製法によって、錠剤比で43.8倍の活性力を有する酵素製品として提供されるようになりました。本当の酵素を取り入れていきたいのであれば、本当に酵素を含んでいるものを選ぶといいでしょう。

武内先生のまとめ

武内先生のここが重要!
選ぶということは、自分の身体に責任を持つということ

食生活の乱れが健康状態の悪化を引き起こすことは広く知られていますが、特に現代人が陥りがちなのが酵素不足です。
酵素不足の状態が続けば血管の老化が早まって動脈硬化が進み、免疫力も低下します。すると「生活習慣病」と呼ばれる生命にかかわる病気を発症する危険性が高くなるのです。
私たちの体には「体内酵素」という酵素をつくる機能が備わっています。ところが体内酵素の生産量は決まっており、老化とともに減少していく一方なので、植物酵素等によって外部から取り入れる必要があるのです。

資料DLのaバナー

「生きたまま酵素」が詳しくわかる
\お電話で優しく丁寧に説明いたします!/
「生きたまま酵素」お問合せ受付

※(株)ヴァリダックスが
ご対応させていただきます。
TEL 052-745-2911
受付時間|09:00 - 17:00 年中無休

▲電話番号をタップすると直接お電話いただけます▲

とても多くのお客様から、お電話にてお問い合わせをいただいております。サポートスタッフが丁寧にご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

【免責事項】
このページは腎臓病を発見するシグナルのひとつ、血中クレアチニン濃度を下げる方法に関して、編集部が独自で調査をした情報(2020年12月時点)をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。
また、このページに掲載している実験は、マウスの実験のため、人間にも同様の効果があるとは限りません。

当サイトの内容、テキスト、画像等の
無断転載・無断使用を固く禁じます
( Unauthorized copying and
replication of the contents of this site,
text and images are strictly prohibited.)
運営者情報

Copyright (C)