クレアチニン値を下げる効果が
期待される「わかなつみの発酵菌」徹底解説!

医学博士_武内徹郎先生
監修
医師

医療法人大樹会

武内徹郎 理事長

プロフィール

医療法人大樹会理事長・医学博士。酵素を活用する現役医師。三重県立大学医学部卒業。三重大学付属病院第一外科、鈴鹿医療科学大学・非常勤講師などを経て現職。平成26年植物酵素の抗糖尿病作用に関するヒト臨床研究論文を東方医学にて発表。

医師から「クレアチニンの数値が高い」と言われた貴方は、腎機能の低下を放置すると人工透析を受ける必要が出てくるかもしれません。

現在はクレアチニン値を下げる成分は発見されていませんが、その作用を持つ食品の研究が進んでいるのでご紹介します。

「わかなつみの発酵菌」の研究結果まとめ

以下、監修医師の武内徹郎先生も携わってきた、「わかなつみの発酵菌」と腎臓病に関する研究論文を原著から引用してご紹介します。

※マウスによる試験も含まれるため、人間にも完全に同様の効果が得られるとは限りません。

クレアチニン値が改善した研究結果

クレアチニンは、筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿中に排出される。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係している。血液中のクレアチニンの濃度は、腎機能をみる指標となる。腎機能に障害があると、排泄量が低下して、血液中のクレアチニンの値が上昇する。腎臓病のマウス血液検査のクレアチニン(creatinine:CRE)により、腎臓の機能を測定した。Fig.6に示すように対照群と比べて植物酵素投与群の5週目から7週目にクレアチニンの数値の低下が認められた(p <0.05)。

クレアチニン

引用元:Asian Journal of Complementary and Alternative Medicine. Volume 08 Issue 1(アジアの補完代替医療誌 8巻1号, 2020年2月4日),Yeun-Hwa GU(純真学園大学 健康科学部 放射線科,教授),山下 剛範(鈴鹿医療科学大学 健康科学部 放射線技術科学科,教授),松尾 龍飛克(株式会社ヴァリダックス,代表取締役)鷲野 憲之(一般社団法人 医食同源研究会)Hong-Seok jang(韓国カトリック大学 医学部 ソウル聖母病院 放射線腫瘍科,医学博士),Ki-Mun Kang(慶尚大学校 医学部 放射線腫瘍学科, 大韓民国昌原市昌原病院, 医学博士),井上登太(みえ呼吸嚥下リハビリクリニック, 院長)

腎機能の状態把握において信頼性の高い数値が、血清クレアチニン値です。他の臓器の影響を受けにくい値ですが、数値低下が確認できたということは腎機能悪化の抑制に有益な研究結果と言えるでしょう。

「わかなつみの発酵菌」が詳しくわかる
\お電話で優しく丁寧に説明いたします!/
「わかなつみの発酵菌」ご相談窓口

TEL 052-745-2911
受付時間|09:00 - 17:00 年中無休

▲電話番号をタップすると直接お電話いただけます▲

※株式会社ヴァリダックスが窓口でご対応させていただいています。
とても多くのお客様から、お電話にてお問い合わせをいただいております。サポートスタッフが丁寧にご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

「わかなつみの発酵菌」の
資料 閲覧はコチラから

腎臓病の改善効果を確認した研究の説明

鈴鹿医療科学大学の研究チームによると、マウスを使った腸機能の増加による腎機能回復の研究で、「植物酵素」を投与したマウスは、投与しなかったマウスに比べて尿タンパクの数値低下が認められ、腸機能の増加と栄養吸収によって生じる腎機能への負担軽減につながり、衰えていた腎機能の回復に寄与することが分かりました。

「植物酵素」による腸内環境の最適化が腎障害の改善に著しい影響を与えるだけに留まらず、糖尿病性腎症への病状進展も抑制する証拠も確認できたことから、腎障害の改善に「植物酵素」がとても有用であることが分かったそうです。

実験の条件は、雄の2型糖尿病腎症5週齢のマウスを、植物酵素投与群と非投与群に分けて違いを確認するもので、投与群には「1Kgあたり500mg」の濃度を胃ゾンデ法による傾向投与で毎日、非投与群には同量の蒸留水を毎日与えています。

腎臓の糸球組織が回復した研究結果

糖尿病モデルマウス(db/db mice)を使用した植物酵素投与による腎機能回復を検討した。db / dbマウスにおける腎臓の組織病理学的変化および腎臓領域の対照群(A)および植物酵素投与群(B)における腎臓細胞の冠状切片の顕微鏡写真をヘマトキシリン・エオシンで染色した。対照群(C)および植物酵素投与群(D)腎臓の糸球体の冠状切片の顕微鏡組織学的所見観察した結果、いずれの腎組織においても植物酵素投与群に回復が認められた。

腎の組織変化

引用元:Asian Journal of Complementary and Alternative Medicine. Volume 08 Issue 1(アジアの補完代替医療誌 8巻1号, 2020年2月4日),Yeun-Hwa GU(純真学園大学 健康科学部 放射線科,教授),山下 剛範(鈴鹿医療科学大学 健康科学部 放射線技術科学科,教授),松尾 龍飛克(株式会社ヴァリダックス,代表取締役)鷲野 憲之(一般社団法人 医食同源研究会)Hong-Seok jang(韓国カトリック大学 医学部 ソウル聖母病院 放射線腫瘍科,医学博士),Ki-Mun Kang(慶尚大学校 医学部 放射線腫瘍学科, 大韓民国昌原市昌原病院, 医学博士),井上登太(みえ呼吸嚥下リハビリクリニック, 院長)

腎組織の回復が見込める点や、それが腸内環境の最適化によってもたらされるという点が、腎機能が低下している人に可能性を感じさせてくれる内容です。

腸内免疫や整腸作用が向上した研究結果

腸内免疫(液性免疫:IgA)や整腸作用による腎臓の負担軽減効果を検討するために腸内(IgA)濃度を検討した結果を示した。Fig.3よりわかるように対照群と比べて植物酵素投与群の5週目から7週目に腸内(IgA)濃度の増加が認められた(p <0.05)。

整腸作用による腎臓の負担軽減効果

引用元:Asian Journal of Complementary and Alternative Medicine. Volume 08 Issue 1(アジアの補完代替医療誌 8巻1号, 2020年2月4日)Yeun-Hwa GU(純真学園大学 健康科学部 放射線科,教授),山下 剛範(鈴鹿医療科学大学 健康科学部 放射線技術科学科,教授),松尾 龍飛克(株式会社ヴァリダックス,代表取締役)鷲野 憲之(一般社団法人 医食同源研究会),Hong-Seok jang(韓国カトリック大学 医学部 ソウル聖母病院 放射線腫瘍科,医学博士),Ki-Mun Kang(慶尚大学校 医学部 放射線腫瘍学科, 大韓民国昌原市昌原病院, 医学博士),井上登太(みえ呼吸嚥下リハビリクリニック, 院長)

網茶色や網緑色のグラフ(植物酵素投与群)が伸びていますが、腸内免疫の濃度増加によって、腸内環境に一定の作用があることが分かっています。

尿蛋白が減少した研究結果

腎臓病のマウス尿蛋白(Urine protein)測定により、腎臓の機能を測定した。Fig.4に示すように対照群と比べて植物酵素投与群の5週目から7週目に尿蛋白(Urine protein)の数値の低下が認められた(p <0.05)。

尿淡泊の検査結果

引用元:Asian Journal of Complementary and Alternative Medicine. Volume 08 Issue 1(アジアの補完代替医療誌 8巻1号, 2020年2月4日),Yeun-Hwa GU(純真学園大学 健康科学部 放射線科,教授),山下 剛範(鈴鹿医療科学大学 健康科学部 放射線技術科学科,教授),松尾 龍飛克(株式会社ヴァリダックス,代表取締役)鷲野 憲之(一般社団法人 医食同源研究会)Hong-Seok jang(韓国カトリック大学 医学部 ソウル聖母病院 放射線腫瘍科,医学博士),Ki-Mun Kang(慶尚大学校 医学部 放射線腫瘍学科, 大韓民国昌原市昌原病院, 医学博士),井上登太(みえ呼吸嚥下リハビリクリニック, 院長)

グラフからは、尿に含まれるタンパク量が減っていることが確認でき、腎臓の糸球体でろ過する機能が従前より向上していることが伺えます。

尿素窒素が減少した研究結果

尿素窒素(BUN)は,血中の尿素に含まれる窒素分を表すもので,生理学的には尿素と同義である。 腎臓病のマウス血液検査の尿素窒素(Blood urea nitrogen:BUN)により、腎臓の機能を測定した。Fig.5に示すように対照群と比べて植物酵素投与群の5週目から7週目に尿素窒素の数値の低下が認められた(p <0.05)。

尿素窒素

引用元:Asian Journal of Complementary and Alternative Medicine. Volume 08 Issue 1(アジアの補完代替医療誌 8巻1号, 2020年2月4日),Yeun-Hwa GU(純真学園大学 健康科学部 放射線科,教授),山下 剛範(鈴鹿医療科学大学 健康科学部 放射線技術科学科,教授),松尾 龍飛克(株式会社ヴァリダックス,代表取締役)鷲野 憲之(一般社団法人 医食同源研究会)Hong-Seok jang(韓国カトリック大学 医学部 ソウル聖母病院 放射線腫瘍科,医学博士),Ki-Mun Kang(慶尚大学校 医学部 放射線腫瘍学科, 大韓民国昌原市昌原病院, 医学博士),井上登太(みえ呼吸嚥下リハビリクリニック, 院長)

本来なら腎臓でろ過されるタンパク質が利用されたあとの老廃物である尿素窒素も、濃度が減少しています。

「わかなつみの発酵菌」はこんな食品

わかなつみの発酵菌と呼ばれる食品の正体は「植物酵素」です。黒大豆・小麦・大麦・米胚芽・大豆・海藻といった食材を発酵させた酵素食品で、非常に高い活性力を持っています。

鈴鹿医療科学大学の検証により、「わかなつみの発酵菌」の活性力は他の錠剤に固められた酵素と比較して、11.1倍のでんぷん分解力(アミラーゼ活性)、43.8倍のたんぱく質分解力(プロテアーゼ活性)、19.5倍の脂質分解力(リパーゼ活性)があると証明されています。

グラフデータ

※引用元:東方医学(Vol.28 No.4 2012年)『オクソ酸誘導による高尿酸マウスを使っての穀物発酵抽出エキスの痛風抑制効果』一般財団法人東方医療振興財団 日本東方医学会:柴田勝, 山本肇, 松尾龍彦, 三浦俊宏, 高明

この効力を持っている理由としては、熱を加えずに発酵させる独自技術によって作られているから。酵素は熱に弱く、50℃以上の熱を加えると酵素が持つ働きが弱くなり、場合によっては働きが無くなってしまいます。

酵素ならば何でも良い、ということではなく、酵素の持つ力を無駄なく取り入れるためには、「わかなつみの発酵菌」のような、熱を加えていない物を選ぶことが大切です。

監修医師からのコメント

食生活の乱れが健康状態の悪化を引き起こすことは広く知られていますが、特に現代人が陥りがちなのが酵素不足です。
酵素不足の状態が続けば血管の老化が早まって動脈硬化が進み、免疫力も低下します。すると「生活習慣病」と呼ばれる生命にかかわる病気を発症する危険性が高くなるのです。
私たちの体には「体内酵素」という酵素をつくる機能が備わっています。ところが体内酵素の生産量は決まっており、老化とともに減少していく一方なので、植物酵素等によって外部から取り入れる必要があるのです。

医学博士_武内徹郎先生
監修
医師

医療法人大樹会

武内徹郎 理事長

プロフィール

医療法人大樹会理事長・医学博士。酵素を活用する現役医師。三重県立大学医学部卒業。三重大学付属病院第一外科、鈴鹿医療科学大学・非常勤講師などを経て現職。平成26年植物酵素の抗糖尿病作用に関するヒト臨床研究論文を東方医学にて発表。

「わかなつみの発酵菌」が詳しくわかる
\お電話で優しく丁寧に説明いたします!/
「わかなつみの発酵菌」ご相談窓口

TEL 052-745-2911
受付時間|09:00 - 17:00 年中無休

▲電話番号をタップすると直接お電話いただけます▲

※株式会社ヴァリダックスが窓口でご対応させていただいています。
とても多くのお客様から、お電話にてお問い合わせをいただいております。サポートスタッフが丁寧にご対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

「わかなつみの発酵菌」の
資料 閲覧はコチラから

【免責事項】
このページは腎臓病を発見するシグナルのひとつ、血中クレアチニン濃度を下げる方法に関して、編集部が独自で調査をした情報(2020年12月時点)をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。
また、このページに掲載している実験は、マウスの実験のため、人間にも同様の効果があるとは限りません。

当サイトの内容、テキスト、画像等の
無断転載・無断使用を固く禁じます
( Unauthorized copying and
replication of the contents of this site,
text and images are strictly prohibited.)
運営者情報

Copyright (C)