血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 生きたまま酵素に期待できる効果・研究エビデンスまとめ » 下肢静脈瘤の主な原因と予防法

下肢静脈瘤の主な原因と予防法

下肢静脈瘤とは

「下肢静脈瘤」とは、特に命に関わるような病気ではありませんが、実は日本人の約40%以上の頻度で見られる非常に身近な病気です。高齢の方や女性に多い症状で、「エコノミークラス症候群(深部静脈血栓症)」の後遺症として現れる場合や、原因が不明の場合もあります。
「下肢静脈瘤」とは、手足の静脈に付いている血液の逆流防止の為の弁が、何らかの原因で機能が弱まってしまうことで怒る病気です。立った状態では静脈の血液が逆流してしまい、その結果、血液が静脈内に必要以上に溜まり、血管に瘤を形成します。命に関わる病気ではありませんが、表面に凹凸が出たり、皮膚表面の色が変わるなど見た目にも影響がある為、重度になることは避けたい病気ではあります。

症状

「下肢静脈瘤」はその名の通り、脚に以上が現れる病気です。その症状は初期であれば、「だるい」「脚が浮腫む」「疲れやすい」「痛みがある」「こむら返りがある」などです。
見た目にも変化がありますが、以下の4つのパターンに分けられます。

  •  蜘蛛の巣状静脈瘤
  •  網目状静脈瘤
  •  分岐型静脈瘤
  •  伏在型静脈瘤

「蜘蛛の巣状静脈瘤」は皮膚内の毛細血管が拡張する症状で、蜘蛛の巣のように広がるのが特徴です。「網目状静脈瘤」は、皮膚のすぐ下の小さい静脈が拡張し、網目状に広がり、膝の裏に多いのが特徴です。「分岐型静脈瘤」は脚にある伏在静脈におこる静脈瘤ですが、静脈に逆流はなく、痛み・皮膚炎の発症はない静脈瘤です。「伏在型静脈瘤」は、脚にある大伏在静脈や、小伏在静脈の弁が機能せず、瘤が大きく大量の血液がたまるので「だるさ」「むくみ」「皮膚炎」「潰瘍」などの症状も出てきます。

下肢静脈瘤の診断方法

「下肢静脈瘤」の診断は、基本は視診や触診です。下肢静脈瘤はわかりやすいので、視診や触診でその場所や形状などを確認します。
「下肢静脈瘤」の中でも重症化しやすいのが「伏在型静脈瘤」。しかし大伏在静脈や小伏在静脈の静脈瘤は、触診で触れられることが多い症状です。ただ、肥満気味の人の場合には、分かりにくいことも多い症状ではありますが、まずは視診と触診で状態を確認します。
視診や触診で確認した後は、「ドプラ聴診器」を用いて血流の異常を確認し、超音波検査(エコー)や脈波検査で静脈の状態や働きを確認します。「伏在型静脈瘤」が重度の場合は、静脈造影検査やCT検査・MRI検査などのより精密な画像検査で調べる必要もでてきます。

下肢静脈瘤の治療方法

「下肢静脈瘤」の治療として、肥満が悪化につながることから下記のような生活習慣の指導があります。
もともと、立ち仕事の人や肥満・運動不足の人に多いことから、それらを避けるような生活習慣の改善が必要です。

  • 歩行を急ぎ足にするなどの適度な運動
  • 立ちっぱなし・座りっぱなしを避ける
  • 休息時は脚を上げる
  • マッサージする習慣をつける

これらの生活習慣の改善に加え、症状によっては「弾性ストッキング」や「包帯」を用いた圧迫療法、刺激性の薬剤投与により静脈を閉塞させる「硬化療法」が実施されます。
さらに症状が重度の場合は、手術により逆流が起こっている静脈を取り除いたり、静脈を縛る、レーザーで焼くなどの療法が用いられます。

血管と生きたまま酵素の関連性

「生きたまま酵素」は、摂取した食物を効率よく消化・吸収する成分を活性化させます。実際の実験でもその高い効果が出ており、その酵素の中でも「タンパク質」を分解すると共に、「血圧低下」に作用があるプロテアーゼの活性効果が群を抜いて高いの特徴です。そのほかにもデンプンなどを分解するアミラーゼ、脂質の分解をするリパーゼの活性効果が高く、総合的に消化吸収や血圧低下をサポート、血管への負担を減らします。
また、「生きたまま酵素」の作用は脂質やデンプンなどの分解サポートにより、ドロドロとした血液をサラサラにする効果が期待されます。脂質や糖で血液がドロドロになっている状態から、酵素の力で余分な脂質や糖を体外へ排出し、サラサラの血液へと導きます。これらの効果で血管への負担が少なくなり、下肢静脈瘤の悪化の可能性を軽減します。

酵素の効果、生きたまま酵素の研究結果を見る

生きたまま酵素について詳しく知りたい方はこちらから!