血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 身近な病気について考える【健康コラム】 » 胃もたれ・胃痛と酵素の関係性

胃もたれ・胃痛と酵素の関係性

その胃もたれ・胃痛は病気のサインかも

  • 脂っこいものを食べたときに胃もたれする
  • 空腹時に胃がキリキリと痛む

上記に心当たりのある方は要注意。「ストレスかな?」「歳かな?」なんて安易に考えてしまいがちですが、実は病気が潜んでいることもあるのです。身体の不調サインを見逃さないように、胃痛・胃もたれの陰に潜む病気について知っていきましょう。

潜んでいる病気によって異なる胃痛・胃もたれの症状

胃痛や胃もたれの症状によって、さまざまな病気が考えられます。

例えば食中毒なら、食後ほんの数分で胃痛・けいれん・吐き気を感じるのが特徴。脂っこいものを食べると胃がキリキリと痛む場合は胆嚢炎が疑われます。胆嚢炎による胃痛は、上腹部から右肩にかけて痛みを感じるのが特徴です。

このように同じ胃痛・胃もたれでも、潜んでいる病気によって症状に違いがあります。

鎮痛剤の飲み過ぎは胃痛の悪化の原因になる?

ストレス性の胃痛で悩んでいて、鎮痛剤をお守りのように常備している方も多いでしょう。な存在でしょう。しかし一部の鎮痛剤は胃に刺激を与える副作用があるため、飲み過ぎると胃炎を起こして胃痛がさらに悪化するケースもあります。

ストレスをまったく感じない生活をおくるのは難しいかもしれませんが、できるだけ胃痛や胃もたれを起こさないように、鎮痛剤の飲み過ぎに気を付けつつ、定期的にストレスを発散する術を見つけましょう。

脂っこい食事による胃もたれは酵素不足が原因かも

酵素と、食べ物の消化を助けたり、生命活動において欠かせない代謝をサポートしたりするタンパク質の総称です。体内に存在する酵素「リパーゼ」には脂肪を分解する役割があります。脂っこいものを食べると胃もたれする人は「リパーゼ」が不足している可能性があるのです。

酵素は私たちの体内に存在していますが、年を重ねるごとに減少したり、質が変化したりすると言われています。酵素不足に心当たりのある方は体外から酵素を補うのがおすすめ。酵素は熱に弱い性質をもつため、熱を加えていないフルーツや生野菜、熱処理されていない酵素サプリメントや酵素ドリンクなどを選ぶと良いでしょう。

胃痛・胃もたれ緩和を目指して食生活を見直そう

暴飲暴食は酵素の浪費・胃痛・胃もたれの要因です。毎日の食生活を見直すだけで、胃痛・胃もたれが緩和される可能性は十分にあります。

  • 消化に悪い食べ物を避ける(脂っこいもの・硬いもの)
  • 寝る前の飲食を辞める
  • 食後はすぐに動かない
  • 時間をかけてよく噛んで食べる

今日から早速食生活を見直して、胃痛・胃もたれのない健康的な生活を目指しましょう。