血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 身近な病気について考える【健康コラム】 » 不眠と酵素の関係性

不眠と酵素の関係性

不眠とは

眠いはずなのに布団に入ると目が冴えたり、朝起きたときに眠った感じがしなかったり、十分な睡眠が取れていないと感じることはありませんか?

日中のストレスや不安から精神的なバランスを崩し、十分な睡眠が取れない状態を不眠と言います。この状態が続くと「不眠症」になり、日常生活に支障をきたしてしまうので早めの対策が必要です。

不眠には4タイプの症状がある

不眠の症状は「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の4つのタイプに分けられます。人によっては、複数の症状が現れるケースもあるようです。

以下の症状から、自身が当てはまるタイミングについて考えてみましょう。

眠りに入るとき

入眠障害

眠くなっていたのに、布団に入ると目が冴える、もしくは寝つけない症状です。不眠の中でも特に多い症状のひとつで、寝つくまでに2時間以上かかる人もいます。

睡眠中

中途覚醒

夜中に突然目が覚め、眠っては起きるを何度も繰り返す症状です。時間や回数は人によってさまざま。高齢者にとくに多くみられます。

目覚め

早朝覚醒

今まで朝の6時に起きていたのに、ある日から4時に目が覚めるようになってしまった、というようなタイプです。本当はまだ眠っていたいのに、そこから目が冴えてしまい眠れなくなります。

熟眠障害

十分な睡眠時間が取れているのにも関わらず、朝起きたときに疲労感が残っている状態です。あまり眠った気がしない、寝足りないという人に当てはまります。

不眠の原因

日本人に5人に1人は、睡眠で十分な休養が取れていないと言われており、加齢とともに増加している傾向があります。不眠の代表的な要因は以下です。

  • 高血圧や心臓病などのよる病気
  • 精神的なストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 環境の変化
  • うつ病などの精神疾患
  • コーヒー・紅茶に含まれるカフェインやアルコール

眠りを導く睡眠物質に欠かせない酵素の役割

一定の時間起きていると自然と眠くなるのは、睡眠物質を作り出す酵素の働きによるものです。酵素を動かせるためには、亜鉛やセレンなどのミネラルと、ビタミンB群など栄養素も欠かせません。

不眠の治療とは?

不眠解消へ向けて原因を追求し、不眠の要素を取り除いていきます。さらにぐっすり眠れるよう、日常生活に次のような工夫を加えてみてください。

  • 適度な運動で疲労感を与える
  • 太陽の光を浴びて体内時計を整える
  • 決まった時間に布団に入るようにする
  • 眠りに入る前のリラックスタイムをつくる
  • 寝酒・深酒をしない
  • 寝室の環境を整える

眠る前の時間を大切にしよう

入浴はシャワーで済ませずにゆっくりと浴槽に浸かりましょう。楽しいことを見つけてストレスを発散したり、リラックス効果のあるアロマを焚いたりするのもおすすめです。