血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 身近な病気について考える【健康コラム】 » 心不全と酵素の関係性

心不全と酵素の関係性

心不全とは?

心臓は全身に血液(酸素)を送るポンプの役割をしています。しかし何らかの原因で、心臓のポンプの機能が低下していく状態を「心不全」と呼びます。高齢化の進む日本において、これからさらに増えると予測されている心臓のトラブルです。

心不全になってしまう原因と疾患

心不全になる原因の大多数は、心臓の病気や血液疾患が引き金だと言われています。

  • 高血圧症
  • 心筋症
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 糖尿病
  • 不整脈
  • 慢性腎臓病
  • 睡眠時無呼吸症候群

心不全になったときの症状

心不全になる原因はひとつではないため、症状もさまざまです。はじめは症状がなく、進行するにつれて徐々に動悸や息切れ、疲労感を覚えるようになります。

厳密に区別はできませんが、大半は「血管の収縮機能」と「拡張機能」による症状がほとんどです。

収縮機能:血液を全身に送りだす機能の低下

心臓が血液を送りだす「収縮機能」が不全になり、心臓に戻ってきた血液の量とのバランスが崩れた状態。むくみや疲れやすいといった症状が現れます。

拡張機能:血液を心臓に取り込む機能の低下

収縮後の拡張機能が低下すると、血液の流れが滞りうっ滞が起こります。とくに高齢者の場合、戻ってきた血液をうまく取り込めず、血流が悪化してむくみなどの症状が現れることが多いようです。

心不全の原因のひとつ「心筋梗塞」について

心筋梗塞になると心臓の筋肉が壊死して、「心筋逸脱酵素」と呼ばれるいくつかの酵素が血液中に流れ出すことがわかっています。その中のひとつ「トロポニン」という酵素を高感度測定できる検査があり、現在心筋梗塞の診断に幅広く使用されています。

心不全の重症度

心不全の状態は以下のようにクラス分けされています。日常生活で「疲労感・呼吸困難・胸の痛み・動悸」などの症状がでると要注意です。

軽度

  • クラスⅠ……日常生活にさほど影響がない。もしくは心不全に気付いていない。
  • クラスⅡ……急な坂を登ったり階段を上がったりすると動悸や息切れがする。

中等度

  • クラスⅢ……少し歩いただけで疲労感や胸の痛みを感じる。

重度

  • クラスⅣ……安静にしていても動悸や呼吸困難に陥り、動くと悪化する。

心不全にならないための予防と対策

心不全は、ストレスや過労、風邪がきっかけとなるケースも珍しくありません。また、激しい運動や長時間の入浴も心臓の負担になりやすいため、注意が必要です。食生活においては食べ過ぎや飲み過ぎに注意して、喫煙や塩分も控えめを心がけることが大切です。