血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 身近な病気について考える【健康コラム】 » 冷えと酵素の関係性

冷えと酵素の関係性

多くの女性を悩ませている「冷え」について

  • 靴下や手袋をしても手足が冷える
  • 冬に限らず夏のエアコンが効いた部屋でも手足が冷える
  • 体はあたたかいけどお腹に手を当てると冷たい
  • 肩こり腰痛に悩まされている

上記は冷えの代表的な症状です。冷えに悩まされている大半は女性ですが、最近は冷えに悩まされる男性も多く見かけるようになりました。

冷えの主な原因は「血の巡りが悪くなること」です。ホルモンバランスや自律神経の乱れ、必要以上のダイエットやストレスが影響するとも言われています。月経時に整理痛と冷えのダブルパンチで悩まされている人も多いでしょう。冷え性になると寒さを感じるだけでなく、内臓機能の低下にもつながるケースがあるので注意が必要です。

冷え性は日常生活の見直しで緩和される

冷えは、血の巡りが悪く、手や足先までうまく血液が循環していないことにより起こるケースがほとんど。つまり、体内の血液循環をよくすれば、冷え性が改善される可能性があります。血の巡りを良くするために今日から始められることをまとめました。

  • お腹を冷やさないように温かい服装を心がける
  • 夏でも浴槽に使って体を温める
  • ぬるめのお湯で半身浴を心がける
  • 適度な運動(ウォーキングやヨガなど)をする
  • 偏った食事ではなく適量をバランス良く食べる

ホルモンバランスが安定しない時期は、漢方やホルモン剤を飲みながら無理のない範囲で少しずつ生活習慣を変えていきましょう。血の巡りが悪く常に冷えた状態の身体は、免疫力が低く病気にかかりやすい傾向があります。健康的な暮らしを送るためにも、ぜひ食生活や入浴、運動習慣を見直してみてください。

代謝アップを目指して日常生活に酵素を取り入れてみる

酵素とは、食べ物の消化を助ける、生命活動において欠かせない代謝をサポートするなどして、私たちの健康をサポートしてくれているタンパク質の総称です。酵素が不足すると消化活動や代謝が鈍くなるため、血の巡りが悪くなる可能性があります。

反対に代謝がアップすると血液循環が良くなり、血液循環が良くなると冷えにくい身体を目指せます。

酵素は私たちの体内に存在していますが、年を重ねるごとに減少したり、質が変化したりすると言われているため、体外から補うのもひとつの手。酵素は熱に弱い性質があるため、体外から取り入れるときは熱を加えていないフルーツや生野菜、熱処理されていない酵素サプリメントや酵素ドリンクなどを選ぶと良いでしょう。