血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 身近な病気について考える【健康コラム】 » 貧血と酵素の関係性

貧血と酵素の関係性

貧血とは?

貧血とは血液病のひとつです。血液中の赤血球が少ない状態を指します。赤血球の数が少ないと、血流にのって運ばれる酸素の量も減ってしまうため、身体に次のようなさまざまな不調が表れるのです。貧血の代表的な症状は以下になります。

貧血の症状

  • 激しい息切れや動機
  • 立ちくらみやめまい
  • 顔色が悪い
  • 食欲がない
  • 爪が反り返る
  • 肌が荒れる
  • 口内炎ができる
  • 抜け毛が目立つ

貧血の原因

貧血の9割以上は、赤血球の材料(ヘモグロビン)をつくる鉄分が不足することで起こる「鉄欠乏性貧血」です。

鉄不足の要因として、偏った食生活によるもの、胃潰瘍や大腸癌などの疾患によるもの、慢性的な出血によるものなどがあげられます。特に女性の場合、月経も慢性的な出血にあたるため、鉄分が不足しないよう、日常的に食事等で補いましょう。

鉄分の吸収率は年齢を重ねるごとに低下する傾向があります。そのため、ご自身では「食事から鉄分を摂取できている」と思っていても、実は必要な量を体内に取り込めていない可能性があるのです。貧血の症状に心当たりのある方は「自分は大丈夫」と過信せず、一度検査を受けたほうが良いでしょう。

男性と女性はどちらが貧血を起こしやすい?

貧血は性別問わず誰にでも起こりうる病気ですが、鉄分不足に陥りやすいのは圧倒的に女性です。大きな理由は3つあげられます。

  • 男性に比べて食事量が少ない
  • 月経による出血で鉄分が不足しやすい
  • 妊娠やダイエットによる鉄分不足

男性の身体に必要な1日あたりの鉄分摂取量が10mgなのに対し、女性は12mg必要だと言われています。さらに妊娠中は18mgの鉄分が必要になるのです。そのため、女性はとくに鉄分が豊富に含まれている食べ物を積極的に食べることをおすすめします。

ただし、1000kcalの食事で摂取できる鉄分量の平均は6mgです。食事で鉄分の摂取目安量を毎日クリアするのは難しいかもしれません。そんなときは健康食品で補う、ドリンクで摂り入れるなど、工夫を凝らしてみましょう。

貧血の人が摂り入れるべき食べ物は?

効率良く体内に鉄分を取り入れるには、葉酸・ビタミンB12・たんぱく質などの栄養素を摂取するのがおすすめです。これらが多く含まれる食材は、マグロ・ほうれん草・果物・肉類・イモ類など。ぜひ上手に組み合わせて献立に取り入れてみてください。

また、上記の栄養素と合わせて、消化・分解を助ける「酵素」を摂り入れるのもおすすめです。