血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 血圧を下げる食べ物 » 梅おろしの冷しゃぶ【高血圧予防レシピ】

梅おろしの冷しゃぶ【高血圧予防レシピ】

食物酵素を多く含む「大根」を使った高血圧予防レシピ

梅おろしの冷しゃぶ

梅おろしの冷しゃぶ

【材料】(1人分)

  • 豚ロース(薄切り肉)    100g
  • 大根(おろし)     大さじ2
  • 梅肉          1個分
  • 貝割れ大根       1/4パック(20g)
  • きゅうり        1/4本(25g)
  • にんじん        1/8本(20g)
  • 青じそ         2枚
  • 味付けぽん酢      大さじ1

【作り方】

  1. 大根おろしを種を取ってたたいた梅肉と和える。
  2. 貝割れ大根は根を切り、きゅうりとにんじんは千切りにして塩(分量外)で塩もみしておく。青じそも千切りにしておく。
  3. 鍋に湯を沸かし、豚肉を茹でる。茹で上がったら冷水にとり冷ます。
  4. (2)の青じそ以外を混ぜ合わせたものを器に盛りつけ、その上によく水気をきった(3)をのせる。
  5. (4)に(1)と青じそをのせ、味付けぽん酢をかけて出来上がり。

大根と血圧の関係性

大根は酵素の多い食材の代表格です。含まれている主な酵素の種類は、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼといった消化酵素など。発がん性物質の解毒採用をもつ酵素・オキシダーゼも含まれています。

また、すりおろした大根には、辛み成分であるアリルイソチオシアネートが含まれます。アリルイソチオシアネートは、解毒酵素をアシストして、働きを高める効果をもっているのです。

昔から胃腸の調子を整える目的で食されてきた「大根」。先人たちは、経験的に酵素やアリルイソチオシアネートの働きを知っていたのかもしれません。

血圧が上がるメカニズムとは?

血圧が高くなる原因は実にさまざまです。数ある原因の中でも、特に食事を中心とした生活習慣が深く関わっているとされています。

食習慣の中で高血圧を引き起こすリスクが高いとされているのは「塩分の摂り過ぎ」です。

私たちの身体は、ナトリウム(塩分)とカリウムが相互にバランスをとることで水分量をコントロールしているのですが、食事から多量の塩分を摂取してしまうと、このバランスが崩れ、体内に水分が蓄積してしまいます。体内の水分が多くなると血流量も増加して、血圧が上がってしまうのです。

また、血圧は様々な環境要因(時間や気温など)によっても変動します。特に暑い時期は、暑さから体を守るために体内の熱を放散させたり、発汗したりするため、血圧が下がりやすい傾向があるのです。「いつもより血圧が下がっているから安心」なんて油断は禁物です。

血圧ケアに役立つ酵素とは?

近年、健康づくりに役立つとして様々なシーンで酵素が取り上げられるようになりました。

酵素には、数多くの種類があり、それぞれが私たちの体内で生命や健康を維持するために、消化や新陳代謝、血液循環などの働きを担っているのです。

酵素は、元々私たちの身体の中に存在しているものもあれば、食物を介して体の外から補給できるものもあります。

体の中に存在している酵素

  • 消化酵素…アミラーゼ(炭水化物分解酵素) プロテアーゼ(たんぱく質分解酵素) リパーゼ(脂肪分解酵素)があり、摂取した栄養分を分解し吸収しやすい形に消化する酵素。
  • 代謝酵素…体内に吸収された栄養素をスムーズに働かせるために必要な酵素。呼吸や運動、新陳代謝など様々な生命活動に関わっている。

体の外から補給される酵素

  • 食物酵素…食物に含まれる酵素。発酵食品や生野菜・果物などに多く含まれており、体内で働いている酵素を補助する。

体の中に存在している酵素は、加齢とともにその量が減少。加えて、食事の内容によって酵素の消費量は左右されます。

例えば、肉料理をたくさん食べた場合、消化にはたんぱく質分解酵素のプロテアーゼや脂肪分解酵素のリパーゼがたくさん必要となるため、結果として体内の酵素量が少なくなってしまうわけです。

酵素不足になるとどうなるの?

体内の酵素が少なくなってしまうと、食事から摂取した栄養分をきちんと消化できなくなってしまいます。すると、未消化で吸収できない栄養分が血液中にどんどん蓄積してしまうため、血液はドロドロになり、血の巡りが悪くなり、血圧も上がってしまうのです。その結果、高血圧や高脂血症、動脈硬化症などの生活習慣病リスクを高めてしまう恐れがあります。

このことから、不足してしまった酵素は食物酵素で補うのがおすすめです。

酵素は毎日の食事でコツコツと補給

日々体内で健康な体を守るために働いている酵素。酵素がより働きやすい体内環境に整えることは、高血圧をはじめとした生活習慣病、それによって引き起こされやすい命に関わる疾患の予防につながります。

酵素は加熱に弱いため、大根のように生食できる野菜などを積極的に料理に取り入れるのがポイントです。

日々の食事を通してコツコツと酵素を摂取するのが望ましいですが、料理に時間がかけられない方は酵素ドリンクやサプリメントなどの健康食品を適宜取り入れて補ってみるのも良いでしょう。

執筆者:荻野愛(管理栄養士)

荻野愛の写真

資格名

  • 管理栄養士
  • フードコーディネーター

管理栄養士免許取得後、教育研究職を経て、現在はフリーランスの管理栄養士として活動中。

食育やダイエット、生活習慣病予防など、栄養・健康に関するコラムやレシピ提案などを中心に情報発信しています。