血液から健康体を目指す。生きたまま酵素研究所 » 血糖値を下げる食べ物

血糖値を下げる食べ物

酵素たっぷり!血圧を下げる食べ物特集

大根

「胃腸の調子を整える」「胃もたれを防ぐ」といわれている大根。その理由は、大根に含まれている酵素にあります。

大根には消化を助ける酵素が数種類含まれており、その中の1つに糖質を分解する酵素(アミラーゼ)があります。食事から摂取した糖質をスムーズに分解・吸収する働きを持っているため、血糖値を食事でケアしたい方におすすめです。酵素は熱を加えると力を失う性質がありますが、大根ならサラダやおろしなど、生の状態で美味しく調理しやすいという魅力もあります。

長芋

長芋にもまた、でんぷん(糖質)分解酵素のアミラーゼが豊富に含まれています。食事から摂取した糖質を分解して、体内に吸収しやすくする働きを持っているアミラーゼ。糖質の代謝をスムーズにすることは高血糖や糖尿病対策につながります。

長芋は、アミラーゼだけでなくら血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維も多く含んでいるため、血糖値を下げたい方におすすめの食材です。

カブ

古くから親しまれているカブにもまた、糖質を分解する酵素が多く含まれています。カブに含まれる酵素には、糖質の代謝をスムーズにする働きがあるため、血糖値が気になる方におすすめです。

カブに含まれる酵素は、皮の近くに多いのが特徴。血糖値をケアする目的で食事に取り入れる際は、なるべく皮ごと食べるとよいでしょう。

バナナ

皮をむくだけで手軽に食べられるバナナは、吸収されやすい糖質を含むため、スポーツ時のエネルギー補給として利用されることが多い果物です。

実は、バナナには糖質の代謝をアシストする酵素も豊富に含まれています。そのため、血糖値を下げる食べ物の1つとしても役立つ果物だと言えるのです。

野菜に比べると糖質が多いため、摂りすぎには注意が必要です。量を決めて適度に摂取すれば、血糖値ケアにつなげられるでしょう。

キャベツ

ビタミンやミネラルを多く含み、栄養価が高い野菜として知られているキャベツ。糖質を分解する酵素も豊富に含まれています。さらには、酵素の成分となる栄養成分も含まれていることがわかっているため、糖質代謝をサポートする効率のよい野菜だと言えます。

酵素は加熱すると働きを失うため、付け合わせの千切りキャベツやサラダとして食べるのが良いでしょう。もっと調理・味のバリエーションを増やしたいという方は次のレシピをご覧ください。